2017.12.05

「生活発表会」、初日を迎えました!!

きょうは、生活発表会の「初日」。はやいクラスは、運動会が終わった直後くらいから準備を進めてきました。それから約2か月。いよいよ、その日がやってきたんです。

今朝の杉之子幼稚園は、どこかいつもとようすが違いました。「生活発表会」で舞台に立つ子どもたちは、髪の毛をしっかり「セット」して登園してきます。これが、なかなかカッコイイし、すてきです。その姿は、周りの子たちに「いよいよ、はじまるよ」というメッセージを伝えるに十分です。しかも、登園の時刻には、きょう舞台に立つクラスの保護者の皆さまが、会場となるホールにやってきています。衣装への着替のお手伝いに、補助の先生も何人もクラスに入ってキビキビと動いています。ですから、子どもたちの登園とともに杉之子全体が、何だか「ウキウキ、ワクワク」している感じでした。たとえて言うなら、「もうすぐ「お祭り」がはじまる」、そんな感じでしょうか。

さあ、「生活発表会」の幕が開きます!!

最初に登場したのは、年少の「ひよこ組」さん。「ひよこ組」さんが披露する「リズム」は、2曲とも男女混合の編成です。1曲目は、「タンポポ団にはいろう!」です。皆さんご存知、「おかあさんといっしょ」でお馴染みの曲です。みるからに「たんぽぽ」を連想させるかわいい衣装を身に纏った子どもたちが、ゆったりとした曲調にあわせて踊ります。会場には、年少さんらしいおだやかな時間が流れ、全体があたたかな雰囲気に包まれました。

ステージで踊る子どもたちをみながら、思わずjimjimも「タンポポ団」に入りたくなりました。歌詞によると、入るのは難しくないとのことなので……。

2曲目は、「おすしのピクニック」です。おすしが、ピクニックにいくんです。それをどのように表現するのか、非常に楽しみでした。おそらく、保護者の皆さまもそうだったと思います。その期待に、担任の幸代先生は見事に応えてくれました。

子どもたちが背中に背負っているのは……。

もう、おわかりですよね。そう、「すしネタ」です。「エビ」に「いくら」、「トロ」に「玉」、よくみると指には「鉄火巻」が!!しかも、鉄火巻は右手で、写真では見えませんが、左手には「かっぱ巻き」がついています。

さらに言いますと、女の子の髪の毛には「おてもと」が髪飾りとしてついていて、全員の胸には「しょうゆの小皿」や「ガリ」、「わさび」「あがり」「むらさき」の飾りつくこだわりよう。

参りました……。

実は幸代先生。数年前にも「すし」をテーマにしたことがあり、そのときもものすごい「小道具」を用意してみんなをびっくりさせたことがあるんです。

2曲目のみなさん、がんばりましたね。きょうは、「おすし」を食べに行ったお子さまもいらしたのではないでしょうか。

続いて登場したのは、年中の「ひまわり組」さんです。1曲目は、男の子によります「極楽はどこだ」です。

おそろいの衣装にばっちり決まった髪の毛がかっこいい!!振付もしっかりできていて、年中さんの「男の子らしさ」が十分に伝わってきました。

2曲目は、男女混合のリズムで「ハピハピ」です。「男女混合」って、男の子だけとか女の子だけとかと異なる雰囲気がでるんですよね。男の子がリードしているようで、実は女の子がリードしていたり、またはその逆があったり……。そのあたりが、観ている方の胸をくすぐるんです。この曲もそうでした。

男の子はかっこよくて、女の子はすてき……。ステージの上には、年少さんの「かわいらしさ」を卒業した子どもたちの姿がありました。

3曲目は、女の子によるリズム「味楽る!ミミカナンバーワン」です。

1曲目の男の子とは対照的に、女の子には「しっとり」とした落ち着きを感じます。ここにも、年少さんの女の子とは違った「お姉さんらしさ」を感じました。1年の違いって、本当に大きいです。

そして、その「1年の大きさ」をさらに感じさせてくれたのが……。

こちらでした。

年長「ゆき組」さんによります言語劇の「がんばれももたろう」。

「ももたろう」といえば、「鬼退治」です。ですから、当然「鬼」は登場するのですが、この写真をよくみてください。「鬼」のひとりが指さしている先にいるのは、だれだと思います?

キラキラの衣装を身に纏った「人魚」です。「ももたろうに人魚?」って思うでしょ。実は「ゆき組」さん、劇を決めるのにあたってほとんどの子は「ももたろう」を希望していたのですが、「人魚をやりたい」という声もあり、担任の直人先生が思案して園長先生に相談し、「創作ももたろう」ということになったのです。

そのストーリーは……。

「人魚」をさらって逃げた「鬼」を「ももたろう」が退治するというものです。直人先生らしいユニークな発想と独創的な展開。「シナリオ」を書いたのは直人先生ですが、そのほとんどすべてを、子どもたちが自分たちで形にしていきました。ですから劇を観ていますと、そこには「やらされている感」はまったくありません。子どもたちが「のびのび」と演技していることがどんどん伝わってきて、お客さんの保護者の方も子どもたちも、みんなニコニコしながらみているんです。

最後は、「ももたろう」が鬼をバッタバッタとやっつけて見事に鬼退治。

でも、おしまいにはちゃんと鬼と友だちになってあげて、みんなで仲良く暮らすようになったというエンディングでした。

まさに「ゆき組」ワールドを披露してくれた「がんばれももたろう」でした。

劇が終わり、幕が閉じた直後のシーン。直人先生が子どもたちみんなに「よくがんばったね、最高だったよ!!」と声をかけると、「やったー!!イエーッ!!」と子どもたちも大喜び。

きっと、今回の「生活発表会」を通して「みんなで協力し合う」素晴らしさを知り、より一層クラスがひとつにまとまることでしょう。

みんな、よくがんばりました。とてもかっこよかった。そして、すてきでした。

きょうの給食は、こちらです。

照り焼きチキンパンとフラワーシート(カスタード)の組合せ。

ムカイベーカリーさん、ごちそうさまでした。

最後は、きのうクリスマスの製作で「リース」をつくっていた「うさぎ組」さんの記念写真をパチリ。

壁面に色とりどりのかわいい「リース」がいっぱい。あしたは、この子たちが「生活発表会」に登場します。

お楽しみに!!

by jimjim

PAGE TOP