2018.06.11

大相撲「杉之子場所」開催!!

きょうは、月曜日。そして、朝から雨……。子どもたちにとっては(大人も?)、あまりうれしくないコンディションで新しい週がはじまりました。こういうときは、子どもたちの気持ちも少し不安定だったりするのですが、きょうは別でした。なぜなら……。

「おすもうさん」が来てくれたからです!!

「おすもうさん」が幼稚園に到着したのは、午前9時30分頃。雨の中をふたりの「おすもうさん」が浴衣姿でやって来ました。からだが大きすぎて、傘に入りきれないくらいです。玄関でスリッパを用意したら、「足が大きすぎて入らないので、はだしでいいです」とのこと。確かに、スリッパが「子ども用」みたいにすごく小さくみえました……。

職員室にお連れすると、職員室の扉の向こうは、「おすもうさん」を一目見ようと、たくさんの子どもたちであふれています。

この時点で、もう子どもたちの気持ちがふだん以上に高まっているのがわかります。いつもの「月曜日」とは、子どもたちの雰囲気が全然ちがうんです。

その高まった気持ちを保ちながら、子どもたちは、いよいよ「大相撲杉之子場所」の会場となる2階ホールへと足を運びます。

きょうの「杉之子場所」の進行を務めるのは、有喜子先生です。有喜子先生が子どもたちに「おすもうさん」の話をしているとき、jimjimはステージの近くにいました。ステージの緞帳は締まっていて、緞帳の向こう側にふたりの「おすもうさん」が待機しているのですが、どうもそのあたりから「ドスッ」「ドスッ」と振動が伝わってくるんです。

「???……」。

こっそり緞帳から首を突っ込んで中をみてみると、ふたりのおすもうさんが「しこ」を踏んでいたのでした。そして、「股わり」も……。足が180度開いているんですよ。おすもうさんたち、うらやましいくらいに身体がやわらかいです。

おすもうさんたちの「ウォーミングアップ」が終了した頃を見計らって緞帳が開き、おすもうさんたちが子どもたちの前に登場しました。大歓声にわく「杉之子国技館」!!

さっそく、ふたりのおすもうさんが「土俵」にあがり、「デモンストレーション」がはじまりました。それが、一枚目の写真です。軍配を手に行事を務めるのは、直人先生です。

「見合って見合って、はっけよい!!のこったのこった!!」

おすもうさんの取り組みがはじまりました。おおきなからだがぶつかり合うさまは、迫力満点!!子どもたちの歓声が、いっそう大きくなります。決まり手は、「上手投げ」。子どもたちの「やる気」に火をつけるには、充分すぎるくらいの「デモンストレーション」でした。

さあ、ここからは、いよいよ子どもたちの出番です。

まずは、年少さんから。年少さんは、クラス全員でひとりの「おすもうさん」に立ち向かい……。

年中さんは、10人くらいのグループをつくって「おすもうさん」に挑みます。

みんな、ちからをあわせて「おすもうさん」を土俵の外に出すんだよ!!

「のこった、のこった!!」

子どもたち、全力を出していますが、おすもうさんは、びくともしません。ときどき、かる~く持ち上げられちゃう子も……。

年長さんは、さらに人数が少なくなって5~6人くらいで挑戦です。

お客様たちは、「杉之子部屋」の力士たちの取り組みに大興奮です。

全学年がひととおり「おすもうさん」との取り組みを終えたところで、スペシャルな取り組みが用意されていました。それは……。

「おすもうさん」と「杉之子部屋」の横綱である「関の山」関との取り組みです!!

「関の山」が相手とあって、「おすもうさん」も入念に「しこ」をふむ気合の入れようです。

「見合って見合って……」。目と目がぶつかり、激しい火花が飛び散ります。

「のこったのこった!!」。一気に相手の懐にとびこんだ「関の山」でしたが、短パンの両端をつかまれてかる~くリフトアップされ、土俵を割ったのでした。あの「関の山」が簡単に持ちあがったのをみて、子どもたちは「おすもうさん」がいかに「ちからもち」なのかわかったようで、本当におどろいていました。

「杉之子国技館」での取り組みが終わった後は、ふたりのおすもうさんが各お部屋をまわってくれて、子どもたちと「記念撮影」。

そして、子どもたちの質問にも答えてくれました。

「好きな食べ物は、何ですか?」
「ハンバーグ」です。

「好きな色は、何ですか?」
「青です」。

などなど、かわいらしい質問が次々と子どもたちから投げかけられました。

ちなみに、「ちゃんこ料理」というと「鍋」を想起しますが、「ハンバーグ」でも「唐揚げ」でも、おすもうさんがつくるお料理はすべて「ちゃんこ」というそうです。「鍋」は、「ちゃんこ鍋」なんですね。

年長さんからは、「どうして、そんなにからだが大きくなったんですか?」という質問が出ました。

「好き嫌いをしないで、たくさん食べたから大きくなれました」。
この答え、子どもたちの心に響くといいですね。

「幼稚園の給食だったら、何個食べられますか?」
「20個は、食べられます」。

「え~~!!」という驚きの声。これは、驚きますよね。

このおすもうさんたち、この前「ぎょうざ」をつくったそうです。その数、500個。それを15人で食べたそうです。もちろん、メインのおかずは、他にもあったのでしょうけど、食べる量が桁違いなので、ただただ驚くばかり……。

それでも、きょういらしてくれたおすもうさんたちは、まだまだ小さいほうなんだそうです。

子どもたちが腕をさわっていますね。jimjimも触りましたけど、「石」みたいに硬いんです。これでさえ、先輩力士にいわせると、「女子高生みたいな腕」といわれるそうです。

おすもうさんの世界って、すごいですね。

みんな、次々と驚きに沸いたきょうの「大相撲杉之子場所」でした。

というわけで、おすもうさんが「20個はいける」といったきょうの給食は、こちらです。

ごはん
エビカツ
肉野菜炒め
ブロッコリー
マカロニサラダ
いちご杏仁豆腐 418kcal

これを20個食べると、それだけで8,360kcalになります。これを消費するおすもうさんの運動量って、想像がつきませんね。

さて、最後になりますが、きょうの「大相撲杉之子場所」にいらしてくださった「おすもうさん」をご紹介します。

きょういらしてくださったのは、「出羽海部屋」のおふたりです。

左が「碧の正(あおのしょう)」関。身長181センチ、体重137.2キロ。岡山県出身。

右が「出羽の空(でわのそら)」関。身長176センチ、体重125キロ。長崎県出身。

おふたりとも、すごき気さくですてきな力士です。浴衣姿もかっこいい!!ぜひ、応援してください!!

なお、きょうの「大相撲杉之子場所」は、「フォトクリエイト」さんのご協力で実現しました。フォトクリエイトの吉田様、塩澤様には、この場を借りて心より厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

そして、きょうの「杉之子場所」のようすは、フォトクリエイトのカメラマンさんによって撮影されています。在園児の皆さまは、フォトクリエイトのサイトでみることができます。どうぞ、楽しみにしていてください。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP