2019.02.08

「すぎのこ展」開幕!!

さあ、「すぎのこ展」が開幕しました。1日目の開催は、夜の6時から8時まで。

いつもの昼間の幼稚園とは異なる「夜の幼稚園」がオープンしているとあって、夜にも関わらずたくさんの園児と保護者の皆さまが来園してくれました。

夜の幼稚園に、子どもたちは「ワクワク・ドキドキ」。園の外壁にはイルミネーションが灯り、廊下の照明には「お泊り保育」のときにつくった「ランタン」がとりつけられて、「すぎのこ展」を盛り上げる特別な雰囲気を醸し出してくれています。

お子さまのお兄さんお姉さんとともに、お仕事帰りのお父さまの姿もたくさんみられ、家族皆さんで「すぎのこ展」を楽しまれる姿がみられました。

お兄さんやお姉さんの多くは、杉之子の卒園生。先生との久しぶりの再会をよろこびあっていました。

お部屋に展示された作品の数々について、先生から熱心にお話をうかがう保護者の皆さま。先生たちも説明に熱がこもります。

ご来園くださった保護者の皆さまは、ほとんどの方がご自分のお子さまのクラスだけでなく、すべての学年、すべてのクラスをご覧になられたようでした。

その保護者の皆さまから漏れ聞こえてきた声が、「やっぱり、年長さんはすごいね……」。

年長さんの先生が聞いたら、涙を流してしまうのではないかと思うくらい、年長さんの作品への評価がとても高かったようです。

だからといって、年少さんや年中さんの作品のレベルが低いというわけではありません。

年長さんは、年少さんや年中さんに比べると「成長の度合い」が大きく、その結果が作品に表現されているということなのかもしれません。

ホールは、「大カプラ大会」となっていて、あちらこちらに「カプラの塔」が。中には、天井に届くくらいのものもありました。

明日も、ぜひチャレンジしてみてください。

「ひよこ組」さんのお部屋の横では、たくさんの星たちが夜の幼稚園に輝きを放っていました。

これは、「ゆめのほしぞら大星雲」の星たちで、この星のひとつひとつに「夢」が書かれています。

「ゆめのほしぞら大星雲」には、子どもも大人も参加できます。ぜひ、たくさんの夢で夜空を飾ってください。

皆さまのご来園をお待ちしております。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP