2017.10.12

ゆうさんの紙芝居&園庭開放

朝、幼稚園に出勤したら、すでに幼稚園の園庭に1台のワンボックス車が止まっていて、一生懸命に荷物を降ろしている人たちがいました。

「おはようございます!!」。その人たちと気持ちの良いあいさつを交わすと、心が一気に晴れやかになりました。その人たちは、だれかというと……。

そう、「ゆうさんの紙芝居」の皆さんです。メンバーは後程ご紹介しますが、お名前だけ紹介すると「ゆうさん」と「きみちゃん」と「ひろちゃん」の3人。あいさつを交わした後、少しお話を聞くと、どうやら杉之子幼稚園に向かう途中で車にトラブルが発生した模様で、そのトラブルを乗り切っての到着となったようです。

ステージで使う荷物を積んだ車にトラブルが発生したのですから、それはそれは大変な出来事だったと思いますが、「焦り」とか「まいった」とか、そういったネガティブな雰囲気がこの3人からはまったく伝わってきません。「本当にトラブルなんかあったの?」と思うくらい、いつもどおりの皆さんでした。「これぞ、プロ」。
1年ぶりに再会して早々に、心の「強さ」というか「太さ」というか、プロとしての姿勢を学ばせていただきました。

そして、会場の空気を一変するくらいの「さわやかさ」でステージに登場してくれた「ゆうさん」たち。

間髪を入れず「ゆうさん」のマジックがはじまり、会場に集まった年少さんと未就園のお子さまたちの目は、あっという間に「ゆうさん」に釘づけです。

そこで「ゆうさん」が取り出したのは……。

これを待っていたんです。jimjimの大好きな「元気メーター!!」。

「ゆうさん」も「杉之子幼稚園に来たら、名物のこれをやらないとはじまりません」というくらい、毎度おなじみの定番メニューです。

ゆうさんの「元気ですか~?」の問いかけに「はーい!!」と会場の子たちが反応すると、メーターがグイーンと動くわけです。

何回かゆうさんと子どもたちのかけあいが続くと、しだいにみんな声が大きくなり、最後にはメーターの針もレッドゾーンへ!!

すると、元気メーターが壊れて「ぼかーん」と爆発!!白い煙とともに中から「びよ~ん」とスプリングが飛び出しちゃって、大ウケとなるわけです。

これでもう、「ゆうさん」と会場の子どもたちの心はひとつ。一体感に包まれた中で、いよいよ紙芝居に入っていきます。

きょうの「紙芝居」は3本。

まず最初は、「おおかみと七匹のこやぎ」。続いて、「ジャックとまめの木」。最後は「うまれてきてくれて ありがとう」です。

これらの3本の紙芝居を、間にパントマイムやマジックを挟みながら、テンポよく進めていきます。それは、まさに「ゆうさんワールド」。

きょうは、会場に年少さんだけでなく、未就園のお子さまと保護者の皆さま40組をご招待させていただきました。年少さんと未就園のお子さまということで年齢が近いので、マジックも年齢に合わせた内容にしてくださったようです。

「どうなっているの……?」。真剣に「ゆうさん」のマジックに見入っている子どもたちの反応をみていると、とてもユニークです。

手が顔の横にいったり、頭の上にいったり……。口を開け閉めしたり。おそらく、本人たちはきっとまったく意識していないと思います。考えているうちに、勝手に動いてしまっているようでした。

しぐさは、みんなバラバラなのですが、ただひとつだけ「共通」していることがあります。それは……。

おわかりですよね。そう、「目の輝き」です。

みんな「キラキラのまなざし」でした。

いつも申し上げることですが、この「キラキラのまなざし」こそ、杉之子が一番大切にしているものです。子どもたちが夢中になっているときの顔、何物にも代えられません。この瞬間は、「宝物」です。この宝物を、これからも大切にしていきたいと思います。

きょうの最後の紙芝居は、先ほどご紹介した「うまれてきてくれてありがとう」でした。

「きみちゃん」と「ひろちゃん」のうたにのせて贈るストーリー。
涙を流されている方もいらっしゃいました。最後は、保護者の皆さまにお子さまを「ギュッ!!」と抱きしめて終わります。

「うまれてきてくれてありがとう」。最後の抱っこの瞬間、会場となったホールは「幸せ」の空気でいっぱいになりました。

笑いと幸せを届けてくれた「ゆうさんの紙芝居」。またいつか、お会いしましょう!!

そして、「ゆうさんの紙芝居」が終わった後は、さわやかな秋の空の下で「園庭開放」となりました。

ちょうど年長の「ほし組」さんたちが外であそんでいて、未就園のお子さまたちと一緒におあそびする場面もみられました。

年長さんにとって杉之子の園庭は、「自分の庭」みたいなものですから、「私が案内してあげる」といわんばかりにリードしてくれます。

「めいろハウス」や「ツリーハウス」などの大型遊具のほか、お砂場はいつものように大人気。三輪車で園庭を「ドライブ」するお子さまの姿もみられました。

きょうは、ホールでも園庭でもたくさんの笑顔が見られて、いつにも増して幸せいっぱいの杉之子幼稚園でした。

ご来園くださった未就園の保護者の皆さま、本日は誠にありがとうございました。この場を借りて、心より厚くお礼を申し上げます。

というわけで、きょうの給食はこちら。

八穀米ごはん
肉団子の甘酢あんかけ
豆腐のふわふわ揚げ
ごぼうの炒り煮
ほうれん草の胡麻和え
黄桃缶  333kcal

ごちそうさまでした。

さあ、最後にきょう杉之子に笑いと幸せを届けてくださった「ゆうさんスタッフ」をご紹介しましょう。

左から「きみちゃん」「ゆうさん」「ひろちゃん」です。この3人、息ぴったり。リズムもテンポもバッチリで、子どもたちを飽きさせません。そのステージ進行自体が「マジック」をみているようです。

「ゆうさん」のマジックもさることながら、「きみちゃん」と「ひろちゃん」の歌声もすごいですよ。jimjimははじめて聴いたとき、生の歌声とわからず、CDが流れていたと思ったくらいですから。

とってもすてきな3人組。また杉之子に来てくださいね!!

きょうは、楽しい時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました!!

by jimjim

PAGE TOP