2018.11.28

「リハーサル」3日目です。

11月もあとわずか。季節は、晩秋です。晩秋といえば、「朝晩は冷え込んで……」となるはずですが、妙にあたたかい感じがします。日中は、上着がいらないくらい。気象庁によると、12月の初旬は季節外れのあたたかさになるようです。でも、その反動=寒さは、きっとくるはず……。油断しないで、体調管理には十分に注意しましょうね。

さて、きょうは「リハーサル」3日目です。きょうのブログをつくっていたら、jimjimの背後を通った有喜子先生が覗き込みながら、「今は、リハーサルシリーズですね」と声をかけてくれました。そうですね、明日までは「リハーサルシリーズ」で通そうと思っています。あれ?予告になっちゃったかな?「ネタバレ」しちゃいましたが、どうぞよろしくお願いいたしますね。

きょう、「リハーサル」にのぞんだのは、年少「うさぎ組」さん、年中「ちゅうりっぷ組」さん、年長「つき組」さんです。

最初に舞台に上がったのは、「うさぎ組」さん。「うさぎ組」さんは、リズム2曲を披露します。

「うさぎ組」さんのリズムをみていて気づいたのですが、年少さんのリズムは、全クラスが「男女混合」なんですね。年少さんは、この「男女混合」というところが「ミソ」で、これが年少さんの「かわいらしさ」に華を添えるんです。それが、どのような「華」なのかは、もちろん「当日のお楽しみ」ということで……。

「ちゅうりっぷ組」さんのリズムは、3曲。こちらは、男女別で「女の子」「男の子」「女の子」の順で披露していきます。

3枚目の写真でもおわかりになると思いますが、年中さんになると、「目線」といいますか「目ぢから」といいますか、年少さんのときにはなかった表情が備わってきます。「女の子らしさ」というのでしょうか。年少さんに比べたら、ちょっと「大人っぽく」感じませんか?

そして、男の子には「ワイルド」さが備わってきます。それを表現しようとしたのかどうかはわかりませんが、「ワイルドさ」をアピールするには、ぴったりのあの曲でした。

ステージにあがったのは、麦わらの一味。もう、おわかりですよね。「スリーピース」ですか……。あっ、それはスーツでしたね。

トホホ……。

何はともあれ、元気いっぱいのステージをみせてくれる「ちゅうりっぷ組」さんの「リハーサル」でした。

そして、最後は「つき組」さんの言語劇です。

セリフを忘れてしまったお友だちに、横にいた子がそっと耳打ちしてセリフを教えてあげたり、立ち位置を間違えている子に「こっちこっち」と教えてあげたりと、ところどことに「未完成」の部分はありましたが、それがまた「微笑ましい」ところが「つき組」さんらしさです。

「つき組」さんの劇には、その「つき組」さんらしさがふんだんに盛り込まれているといっていいでしょう。

きょうのリハーサルを観たスタッフ全員が、それを確信しました。

もう、これ以上はいえません。

どうぞ、当日を楽しみにしていてください。

というわけで、きょうの給食はこちらです。きょうは、2段弁当の特別食でした。

ネギチャーハン
松風焼き
エビフライ
小松菜のお浸し
りんごのコンポート  340kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP