2018.12.03

「生活発表会」前日。

12月に入りました。師走です。壁にかけたカレンダーも最後の一枚になっちゃって、何だかさみしそう。

でも、なぜか「12月になった」という実感が湧きません。それは、妙にあたたかい陽気のせいなのか、jimjim自身の季節に対する感覚が鈍くなっているのか、よくわかりませんが、たぶん前者のような気がします。いずれにしましても、明日からはじまる「生活発表会」は、2学期の最後を飾る行事です。明日のステージをみれば、「12月」の実感が鮮明になってくることでしょう。すてきなステージが、今から楽しみでなりません。

さて、一枚目の写真は、「ゆり組」さんの子どもたちがつくった「乗り物」の数々です。「どんぐり」や「落ち葉」で秋の装いを纏ったすてきな乗り物が並んでいますね。

この「乗り物」に乗って、どこへゆくのかというと……。

ヒントは、「ゆり組」さんのお部屋ある「紋きり」でできたおおきなアレ……。

そう、「にじ」です。この「乗り物」たちは、子どもたちの夢を乗せて「にじの向こう」に旅するための「乗り物」なんです。

本当は、子どもたちが「乗り物」を手に持ちながらの写真を撮影したかったのですが、車輪の部分がデリケートになっており、ここから移動させることが困難とのことで、「乗り物」のみの撮影とさせていただきました。ご了承ください。

「ゆり組」さんの子どもたちは、いったいどのような「夢」をこのすてきな「乗り物」に乗せるのでしょうね。こっそり聞いてみてください。

そして、明日からはじまる「生活発表会」への準備は、きょうも着々と進んでいました。年長さんの各クラスは、先週のリハーサルのビデオをみながら「反省会」をしたそうです。その反省を活かしながらの練習がはじまっていました。

ところで、なぜ園庭で練習しているのでしょう?園庭で練習しているのは、「ほし組」さんです。どうやら、「ほし組」さんは、ホールで練習する「つき組」さんにお部屋を「楽屋」として提供したようです。それで、「ほし組」さんは園庭で練習していたんですね。友情に厚い杉之子らしい光景だと思いました。

「りす組」さんも練習に一生懸命。みんな、元気いっぱい踊っていました。

おもしろかったのは、「ひよこ組」さん。事務所で仕事をしていたら、有喜子先生がやってきて「ちょっとお願いがあるのですが……」。

お話しを聞いてみると、「ひよこ組」の子どもたちが練習をするので、「お客さん」になって欲しいとのことでした。

「よろこんで!!」

「ひよこ組」さんのお部屋のいくと、子どもたちがスタンバイして待っていました。客席に座るjimjim。客席からのアングルなので、見上げる感じです。

そして、有喜子先生は何をしているのかといいますと……。

はじまりのごあいさつです。「お客さん」に観てもらったり、「舞台あいさつ」からはじまったりと、こういう「本番さながら」の練習が子どもたちに「いい緊張感」を生むのでしょうね。このあと、子どもたちはものすごく張り切って踊りを披露してくれました。これは、本番が楽しみですよ。ご期待ください!!

こうして練習にのぞむクラスがある一方で……。

ちょっと「生活発表会」から離れて「息抜き」をするクラスもありました。「生活発表会」は、4日間にわたっておこなわれます。自分のクラスの出番の日まで、子どもたちのモチベーションをどう保っていくのかも大切なことです。

そのあたりの「ペース配分」は、自分のクラスの子どもたちを誰よりもわかっている担任の先生にしかできません。

こうして「製作」をしたり……、

「粘土」や「お絵かき」、「ブロック」などで自由にお部屋あそびをしたり……。

「ひまわり組」さんは、園庭に出て「ドロケイ」で走り回っていました。

こうして「気分転換」をすることで、子どもたちも先生も次の練習に新鮮な気持ちでのぞむことができ、結果的には、それが好結果につながっていくのだと思います。

「生活発表会」は、いよいよ明日から。どうぞ、楽しみにしていてください。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

ごはん
チキンカレー
枝豆サラダ
パイン缶  395kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP