2019.01.07

明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、年末年始はいかがお過ごしになられましたか?今年の年末年始は、横浜にかぎっていえば、おおむね穏やかなお天気に恵まれたようですね。除夜の鐘、初詣、お年玉にお雑煮、おせち料理など……。お正月ならではの伝統行事は、大人にとっては負担の大きいことかもしれませんが、お子さまにとってはどれもが想い出に残る楽しい行事のように思います。

核家族化が進み、保護者の皆さまがお仕事をされる中で、このような日本の良き伝統を末永く継いでいくことは簡単にはいかなくなりつつありますが、お子さまに「楽しい」という想い出が残れば、その伝統は必ずやまた、次の世代に受け継がれるものと思います。

子どもたちに「楽しい」と感じさせる努力をすることも、大人の大切な役割なのかなと思いながら、今年もまた、子どもたちのために、そして保護者の皆さまのためにスタッフ一同がんばってまいります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、「冬休みキッズ」は、きょうが最後となりました。快晴の空の下、きょうも子どもたちは元気いっぱい。「冬休みキッズ」は、1月4日からスタートしているのですが、やはり今日から「仕事始め」の保護者の方が多いようで、4日よりもきょうの方がご利用される人数は多かったようです。

いつも外あそびのようすをご紹介することが多いので、きょうはちょっとお部屋のようすをご紹介したいと思います。

こちらは、午前中の年少さんたちのお部屋。お部屋をいっぱいに使って「プラレールあそび」が繰り広げられていました。「にじ組」さんのお部屋全部が使い放題ですから、組み立て式のレールはどんどんつながって、のびるのびる……。まさに「線路は続くよ、どこまでも」といった感じ。

そして、そこにお気に入りの電車や貨車を走らせるわけですが……。

この「プラレールあそび」に熱中すると、必ずこういう体勢になる子が出てきます。自分で電車を押しながら、「寝ころぶ」んです。この子の後ろ側にも、ひとり寝転がっているでしょ。これは、jimjimも子どものときによく経験しましたので、この子たちの気持ちがよ~くわかります。こうして寝ころびながら目線を電車の高さにあわせてみると、妙にリアリティが増すんです。

こうしてカーブを曲がったり、トンネルをくぐらせたり、ホームに進入したり……。気分は、もう電車の運転士さんです。でも、それは子どもにしかわからない世界……。大人がこうして目線を電車にあわせても、きっと何も感じないでしょうね。せいぜい、首筋が痛くなるくらいです。

この子たちの心に広がる夢の世界。どんどん膨らんでいってほしいです。

こちらの線路には、よくみると「転車台」が設置されていました。

ここで、またまたjimjimの子どもの頃の話になってしまって恐縮ですが、いま高島町の「みなとみらい本町小学校」が建っているあたりに機関車の操車場のようなところがあったんです。そこには、機関車の車庫が扇型に広がっていて、その車庫にのびる線路の途中に「転車台」が設置されていたんです。機関車は、この「転車台」に乗って方向を変えていたんですね、

当時、横浜駅から市営バスに乗って家に帰る途中、バスの窓からこの「機関庫」をのぞくと「蒸気機関車」が止まっていることがあり、ワクワクしたことを覚えています。ちなみに、この「転車台」はいま、蒸気機関車と一緒に本牧市民公園に展示されています。

そして、「プラレール」のとなりのお部屋では、今年最初の「製作」がはじまっていました。

さまざまな色の折り紙を選ぶ子どもたち。さあ、何をつくるのでしょう?

折り紙を折ってますねー。

なんだか、逆三角形にみえますよ。

どうやら、ひとり2個つくるようですね。

できあがった「逆三角形」を何かに貼りつけました。

では、何をつくっていたのか、正解をお見せしましょう!!

正解は、こちら。1月のカレンダーでした。逆三角形に折ったおりがみは、「コマ」だったんですね。そして、2個のコマをカレンダーに貼りつけて、色鉛筆で好きな絵を描きました。

この男の子は、ふたつともオレンジ色のコマですが、別々の色にした子もたくさんいました。そして、そのコマを貼る位置もそれそれです。真ん中に貼ったり、両端に貼ったり、対角線に貼ったり……。

お絵かきも、お友だちを描いたり、お日様を描いたり……。

すてきな自分だけのカレンダーができあがりましたね。きょうは、そのカレンダーの7日目でした。今年もまた、一日一日と毎日が経過していきます。そのカレンダーで毎朝、きょうは何日で何曜日か確かめてください。そして、「きょうもがんばる!!」と心の中に火を灯して幼稚園に来てください。

さあ、明日から3学期がはじまります。明日の朝、キラキラの笑顔でお会いしましょう。

先生たち、みんなのことを待っているからね!!

by jimjim

PAGE TOP