2019.03.07

「最後の給食」をいただきます!!

先日、熊本県出身の絵美先生が熊本弁で「桃太郎」のお話をしてくれたことを紹介しました。その影響からか、きょうの朝のミーティングでは、出身地の方言による絵本読みの「第2弾」が披露されました。きょう読んでくれたのは、「にじ組」担任の美紗先生です。美紗先生は、山形県出身。山形県には、「山形弁」と「庄内弁」のふたつの方言があるそうで、美紗先生は、「庄内弁」に囲まれて育ったそうです。その美紗先生がお話してくれたのは、「傘地蔵」でした。

美紗先生お話がはじまると、職員室は一気に山形県にいるような錯覚に包まれました。職員室を見渡すと、全員がまばたきも忘れるほど一生懸命に美紗先生のお話に耳を傾け、理解しようと脳内の活性を最高レベルまで高めているのが、その表情から容易に伝わってきます。しかし、「庄内弁」は難解でした。何しろ、前半はほとんどちんぷんかんぷん。

「???……」。

「傘地蔵」のお話をイメージしながら、「こんなことを言っているんだろうな」と、「庄内弁」と「傘地蔵」を重ね合わせながら、そのシナリオをトレースしている感じでした。

美紗先生には、それがわかっていたのかもしれません。後半に入ると、美紗先生は、ときおり職員室で口にする「あいや~」とか「あいや~でってまんず~」という比較的、耳慣れた方言を織り交ぜてくれて、そのおかげで職員は、それまで難解だった「庄内弁」に「解読」の糸口をみつけることができたようでした。

あとで聞いた話ですが、きょうの「庄内弁」は、地元でもおじいちゃんやおばあちゃんが使う、いわゆるコテコテの「庄内弁」だそうで、今の若い人たちは、そこまで難易度の高い「庄内弁」は、ほとんど使わなくなってきているそうです。

以前、「言葉は生き物であって、時代とともに変わっていくもの」という国語学者の先生の言葉を耳にしたことがありますが、たとえそうであっても、「方言」は日本の大切な文化のひとつとして大切に受け継がれていってほしいと思います。先日の「熊本弁」に続いて、きょうの美紗先生の「庄内弁」を聴いて、そんな思いを強く感じました。美紗先生、「庄内弁」とてもよかったです。これからも、大切にしてくださいね。

さて、きょうは朝から雨が降ったりやんだりでした。お昼ご飯を食べた後の「午後あそび」は、雨のため「ホールあそび」だったのですが、「ホールあそび」を終えた子どもたちが、なぜか外に出る準備をしています。

「どうしたのかな?」と思ってみていると、どうやら雨が止んだので、園庭の「水たまり」が「お目当て」のようです。

お昼ご飯を済ませた年少さんと年中さんの子どもたちが、ぞくぞくと園庭に出てきます。長ぐつを履いて、「水たまり」にバシャバシャと入る子もいれば、「はだし」で「水たまり」の中に入る子もいます。どちらの子も、みんな楽しそう!!

こういうあそびをしているときの子どもたちの瞳って、本当にイキイキとしています。純粋に心の底から楽しんでいると言ったらいいのでしょうか。無我夢中であそんでいます。気が済むまで、ずっとあそばせてあげたいくらいです。でも……。

残念ながら、お部屋に入る時間がきてしまいました。後ろ髪をひかれる思いで「水たまり」を後にする子どもたち。夏になったら、たくさん「水あそび」ができるから、もう少し待っててくださいね!!

年少さんと年中さんは「水たまり」あそびに出てきましたけど、年長さんは「おあずけ」みたいになっちゃいました。いつもなら、年長さんこそ「我先に!!」といって飛び出てくるのですが、きょうはいろいろと「事情」がありまして……。

実は、年長さんは「卒園式」のリハーサルがあったんです。ご覧のとおり、全員が制服です。この制服を、「卒園式」が来週に迫ったこのタイミングで泥だらけにするわけにはいきません。そのようなわけで、きょうは涙を呑んでの「おあずけ」となったのでした。

その年長さんたち。きょうは、最後の「給食」でした。最後なので、各お部屋をまわって「記念撮影」を試みました。突然の撮影だったため、なかなか全員がうまく写っていなくてごめんなさい。

お友だちと「給食」を食べながら楽しい時間を過ごし、「あの子が食べるなら……」と、嫌いだった食べ物にも挑戦してきた「給食」の時間は、きょうで終わりです。

お天気のいい日は、園庭に出てみんなで食べましたね。迷路ハウスの木陰は、絶好のランチ・スペースでした。雨が降ったら、「なかよしクラス」で食べたこともありました。年少さんも年中さんも一緒でしたね。

お当番さんも毎回、しっかりみんなをリードしてくれました。牛乳を運び、「給食」はみんなで力を合わせてお部屋まで運びました。

こうして、いつもみんなの周りには「お友だち」がいました。

「給食」は、みんなのからだを育む栄養となり、「給食」のときの「想い出」のひとつひとつは、みんなの心を育てるための栄養になったことと思います。

その「想い出」を大切にしてくれたらうれしいです。

その「最後の給食」は、こちらでした。

ごはん
麻婆豆腐
シュウマイ
インゲンソテー
パイン缶 355kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう!!

By jimjim

PAGE TOP