2019.03.29

年長さん、「ラスト・キッズ」!!

きのうのこのコーナーで、「あたたかい」とか「さくらが満開だ」とか言っていたら、きょうは一転して肌寒い陽気に逆戻り……。まだまだ油断してはいけませんね。そうは言っても、来週からは4月になります。

4月……?

ということは……。

そう、ヨコハマキッズを利用する年長さんのほとんどの方は、きょうが最後となります。その最後のキッズは、午前中は外あそびをしましたが、午後は室内あそびが主体となりました。ここ数日、あたたかな陽気が続いたことから薄着の子が多く、キッズ担当の先生たちが「入学式」を控える年長さんの体調に配慮したようです。

いつものように元気よく午前中の外あそびを終えた年長さんの子どもたち。お部屋に戻ってランチ・タイムです。

きょうは、お友だちや先生とテーブルを囲む最後の「ランチ」。

キッズを担当した先生のお話では、先日の「最後のお弁当」に続いて、きょうのお弁当にもお手紙がいっぱい添えられていたとか……。

あるお母さまは、最後のお弁当になるので、腕によりをかけて作ろうと、どんなオーダーが来てもいいように冷蔵庫にたくさん材料を用意して待っていたとのことです。

最後のお弁当には、お弁当箱に入りきらないくらいのたっぷりの愛情が詰まっていたんですね。

その愛情は、きっとお子さまたちの心の中でしっかりと育まれ、そしてこの子たちが成長しても、ずっとずっと「想い出」として残っていくのだと思います。

きょうは、たくさんの「お別れ」をしました。

お迎えに来られた保護者の皆さまが、職員室にご挨拶に来てくれます。机に向かってしていた仕事を放り出して、お子さまのもとに駆け寄る先生たち。保護者の皆さまと交わす想い出の数々。

保護者の皆さまからは、たくさんのうれしいお言葉をいただきました。「さみしいです」「お世話になりました」「楽しかったです」、そして「ありがとうございました」のお礼のお言葉も……。

私たちスタッフは、皆さまとご縁をいただいたことで、どれほど楽しい時間を過ごし、どれほど「親子の愛」を感じたことでしょう。

先生たちは、皆さまのその「愛」を垣間見るたびに「その愛に報いなければ」という思いで子どもたちに向き合ってきたのだと思います。そして、その「愛」を感じればこそ、がんばれたのだと思います。

皆さまにお礼を申し上げるのは、私たちスタッフのほうです。

皆さま、杉之子幼稚園にいらしてくださって、ほんとうにありがとうございました。スタッフ全員、心から感謝をしています。

いつかまた、お会いしましょう。

ご卒園おめでとう!!

杉之子のなかまたち!!

by jimjim

PAGE TOP