2019.04.05

いよいよ新学期がはじまります。

ここ数日の「花冷え」から一転して、きょうはあたたかな陽気となりました。横浜の最高気温は、午後2時ころに観測された21.7℃。南西の風が強まるにつれて、気温も上がったようです。それにしても、風が強かったですね。「花散らしの風」になるかと思ったのですが、案外、大丈夫だったみたいです。週末は、「散りゆくさくら」を楽しめるかもしれません。

このあたたかな陽気に誘われて、しばらくの間「長期休暇」を取得しておりました「かめじろう先生」が、久しぶりに現場復帰をいたしました。日中は、手と足をこれ以上のばせないくらい伸ばし切って日光浴を楽しんでいます。食欲はまだ十分とは言えませんが、このあたたかさが続けば、「完全復調」もそう遠くはないと思います。

その「かめじろう先生」にごあいさつをしにきたのは、預かり保育のお子さまたち。ちょっと警戒しながら、人さし指を延ばして甲羅をちょんちょん。これだけで、「ワー!!キャー!!」と盛り上がっていました。甲羅を「ちょんちょん」するのはいいですけど、お口のところを「ちょんちょん」すると「カプッ」とされて痛いごあいさつが返ってきますから気をつけてくださいね。

さて、先月の「茶話会」終了後から続いた「春休みキッズ」は、きょうが最後となります。

4月に入ってからは、あたらしいお友だちをお迎えしたこともあって、年長さんたちがいた3月までとは違った雰囲気になりましたが、それでも5日間が経過して、その雰囲気にもどこか「柔らかさ」が感じられるようになってきました。

毎日の「朝の会」で先生がする「指あそび」のときのお子さまたちの表情もにこやかで、「絵本」か「紙芝居」を読むときには、真剣な表情とともに笑い声も聞かれます。これは、お子さまたちがリラックスしていて、心を開いてくれている証拠のように感じます。

たびたびお伝えしていますように、一日の生活のパターンは、あえて毎日おなじプログラムにしています。そのパターンにも慣れてきたようで、外あそびでもお部屋あそびでも、自分のやりたいことにまっすぐ取り組む姿がみられます。

お兄さんやお姉さんが一緒なので、その姿に刺激を受けて、いろいろな遊具にチャレンジするお子さまも……。

その一方で、先生やお兄さんお姉さんと一緒にあそぶ姿も見られ、5日間が経過して全体的に「一体感」が感じられるようになってきました。

たった5日間ですが、この間にもお子さまたちは確実に成長しているんですね。

午前の外あそびの後は、「ランチタイム」となったわけですが、そのランチタイムが終わりに近づいたころ、小学校の入学式を終えた「卒園生」たちが次々と杉之子にやってきてくれました。

みんな、ピカピカのランドセルがまぶしいくらい。あちらこちらで「おめでとう!!」の言葉が交わされます。再会をよろこびあう先生と卒園生たち。

そして、あいさつもそこそこに「卒園生」が向かったのは、「迷路ハウス」でした。その楽しそうな笑顔といったら、まだ年長さんみたい……。なんて言ったら、怒られてしまいそうですね。

みんな揃ったところで、記念写真をパチリ。一番最初に来てくれたのは、お隣の「西前小学校」に進んだ「卒園生」たちで、その後も次々と進学先の小学校から「卒園生」がやってきてくれました。

みんな、すてきな一年生になりましたね。きょうは、来てくれてどうもありがとう。今度は、「同窓会」でお会いしましょう!!

さあ、来週からいよいよ新学期がはじまります。そして、11日の木曜日は「入園式」です。

きょう、新入園の女の子が傷ひとつないピカピカの水筒をみせてくれました。きっと、幼稚園の入園に合わせておうちの方が買ってくれたのだと思います。

ピカピカの水筒にピカピカの制服……。すべてが「ピカピカ」ではじまる新しい生活。その生活の舞台になるのが「杉之子幼稚園」です。

その「かがやく瞳」をとおして、先生と一緒に、お友だちと一緒に、そして保護者の皆さまと一緒に、あなたたちの真っ白な心のキャンバスに、たくさんのすてきな絵を描いていきましょう。

来週、皆さんとお会いできることを心から楽しみにしています。

元気な姿で、お会いしましょう!!

By jimjim

PAGE TOP