2019.05.24

「お休み」などといいながら、ちょっとだけ……。

きのう、「明日は、お休みします」といいました。実は、今日の日中、外出していたんです。幼稚園のようすがわかりませんし、写真も撮影できません。ですから昨日、「お休み」を宣言させていただいたんです。

でも、ありがたいことに、園長先生がjimjimの留守中、忙しい合間を縫って何枚かの写真を撮影してくれました。きょうは、その写真をご紹介しつつ、皆さまに「きょうの杉之子」の雰囲気がお伝えできればと思い、「お休み」するのをやめることにしました。

jimjimは外出していましたので、きょうの子どもたちのようすに関するコメントはできませんが、ひとつだけ「ほし組」さんのお話をさせていただきたいと思います。

きょうの保育後のミーティングで、「ほし組」担任の美紗先生が「てんとうむし」のお話をしてくれました。以前、このブログでもちょっとだけお伝えしたように、「ほし組」さんではいま、「てんとうむし」がブームになっているんです。

その熱の入りようは、「てんとうむし」のごはんである「アブラムシ」を探しに戸部公園にまで行ったくらい。でも、「アブラムシ」がなかなか見つかりません。どうしよう……。

みんなで「アブラムシ」の代わりになる「ごはん」を調べたら、「砂糖水」が代わりになることがわかったそうです。

飼育ケースを「てんとうむし」のおうちにして「砂糖水」を脱脂綿に含ませてあげると、美紗先生いわく「うれしそうに砂糖水を飲みに来るんです!!」って。そのお話をしている美紗先生のほうがうれしそうでした。

いまは、「ほし組」さんのお友だちがみつけた「幼虫」が「さなぎ」になり、てんとうむしの「斑点」がわかるようになってきたそうです。

「ほし組」さんにあたらしい仲間が加わるのも、そう遠くはなさそうです。

以上、「ほし組」さんの「てんとうむし」に関するお話でした。

最後に「栽培」のお話も……。

きょうの写真の中に「ぞう組」さんがプランターに「苗」を植えている写真があります。いま、各学年では「栽培」がはじまりました。この「栽培」の最終目的は、「収穫して食べること」です。ですから、どのクラスも「食材」になるものを選んでいました。

年少さんでは、「ぞう組」さんが「えだまめ」で、歩かのクラスは「ミニトマト」を栽培します。

年中さんは、「ちゅうりっぷ組」さんが「ミニトマト」で、他のクラスが「えだまめ」を選びました。

年長さんは、「ゆき組」さんと「ほし組」さんが「えだまめ」で、「にじ組」さんは「ミニトマト」。この「にじ組」さんのミニトマトは、2種類あるそうです。「つき組」さんだけは、「トウモロコシ」を選びました。「トウモロコシ」は、難易度が高そうです。

どのクラスも、おいしい作物が収穫できるといいですね。これから、毎日お水をあげて、大切に育ててください。

というわけで、きょうは「お休み」せずに済んでホッとしました。

また来週お会いしましょう。

よい週末をお過ごしください。

By jimjim

PAGE TOP