2019.09.12

年長さん女子、燃える走り、熱い応援!!

きのうの午後は、研修に出かけた後、園には戻りませんでした。実は、中川ひろたか先生のライブに行ったんです。皆さまご承知のことと思いますが、中川先生は、杉之子幼稚園の園歌「すぎのこのなかまたち」を作詞・作曲してくださった方です。

その中川先生、音楽活動も活発に活動されていて、きのうはご自身のバンド「MGQ」を率いてのライブでした。「MGQ」とは、「モダン・ギャグ・カルテット」の頭文字をとったもの。この「MGQ」は、実在する「MJQ=モダン・ジャズ・カルテット」という有名なグループを、中川先生らしくちょっと「ギャグ化」してつけたネーミングなのだと思われます。

ジャズにアレンジした名曲の数々を聴きながら、ふと思ったことがありました。

あれは、もうずいぶん前のことになります。Jimjimの長男が小学校4年生のとき、横浜市の小学校の合唱コンクールで、4年生全員が「にじ」をうたったんです。合唱コンクールは県立音楽堂で開かれたのですが、その本番の前日に小学校の講堂で保護者向けの「お披露目会」があり、そこでjimjimは、はじめて「にじ」という曲と出会いました。

「なんて、いい曲なのだろう」。

そう思いながら、なんだかよくわかりませんが「目がウルウル」しているのを感じました。隣のお母さんは、ハンカチで涙をぬぐっています。本当に心が洗われるような曲であり、歌声でした。

その「にじ」が中川さんの作曲によるものだと知ったのは、それからずいぶん経ってからのことでした。そして、さらに時間は流れ、どこでどうなったのか、なんと中川先生が杉之子幼稚園の園歌をつくってくださることになったではありませんか。

長男たちがうたう「にじ」を聴いたときは、まさかそのようなすごい人とお近づきになれるなんて夢にも思ってもいませんでした。でも、いま中川先生のライブに来て、あの中川先生がまさにjimjimの目の前で、めまいがするほどキョーレツなダジャレを放っている……。

人と人をつなぐ「縁」って、ほんとうに不思議なものですね。

第1部と第2部の2部構成のライブの最後には、JAZZにアレンジした「にじ」を披露してくださり、ライブ会場全体が大いに盛り上がってアンコールへと突入していったのでありました。

では、「きょうの杉之子」をお伝えしてまいりましょう。きょうは、令和2年度園児募集に関する「入園説明会」を開催しました。たくさんの方々にご来園いただき感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りて、心より厚くお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

その「入園説明会」がおこなわれているころ……。

年少の「ひよこ組」さんの子どもたちがjimjimのところにやってきて、「おもしろいお顔がいっぱいあるよ!!」と教えてくれました。さっそく「ひよこ組」さんのお部屋にいってみると、床に敷かれたシートの上にたくさんのお顔が並んでいます。

「わー、すごいね!!これ、みんな自分でつくったの?」

と質問したら……。

そのお顔を手に取って「みてみて、これ私の!!」「これ、ボクの!!」と、相変わらずものすごいアピール力の「ひよこ組」さんの子どもたち。

「お顔」は、これで完成ではなく、ここからさらにひと手間、ふた手間が加えられて完成へとたどり着くようです。もしかすると、運動会で使うのでしょうか。こっそり、お子さまに聞いてみてくださいね。

午後は、ホールで9月生まれのお友だちの「お誕生日会」を開きました。いつものように「お誕生日カード」を担任の先生に首にかけてもらって、ステージに勢ぞろいした9月生まれのお子さまたち。

年少さんから、順番にマイクでクラスとお名前を言います。ちょっと照れながらも、ちゃんと言えるんですよね。夏休みの間に、ずいぶん成長した感じでした。

このあと、「歌」と「ことば」のプレゼントをいただき、園長先生のお話を聞いて「お誕生日会」は終わり……。

と思ったら、きょうは「サプライズ」がありました!!

その「サプライズ」を用意してくれたのは、「ゆき組」さんのお友だちです。どんな「サプライズ」だったかといいますと……。

6~7人のグループにわかれての「〇×クイズ」でした。では、その問題をお知らせしましょう。

① 茜先生の好きなお花は、「チューリップ」である。
② 心先生の好きな色は、「黄色」である。
③ 亜沙美先生は、「スイカ」が大好きである。
④ 直人先生のお母さんの名前は、「ますみ」である。

難問ぞろいですね。Jimjimは、どれが〇なのか、全然わかりません。正解は、お子さまに尋ねてみてくださいね。

〇×クイズが終わったら、「ゆき組」さん全員がステージに出てきて、真純先生のピアノの伴奏で運動会のうたをうたいました。歌の最後は、「がんばれ杉之子、エイエイオー!!」という元気な掛け声で締めてくれました。よくみると、客席最前列の年少さんの腕も上がっているでしょう。みんな、運動会に向けて気合十分です。

そして、きょうの最後は年長さん女子の「リレー」のようすをご紹介したいと思います。

「リレー」の練習がおこなわれたのは、「パラバルーン」の練習の後でした。年長さんの子どもたち、「リレー」になると燃えるんです。この「競争心」といいますか、「他のクラスに負けたくない」という気持ちは、まだ年中さんにはそれほど顕著には芽生えていませんが、年長さんになると別です。それまで個人主体であった考え方が、「クラス全体」を意識できるようになります。ですから、運動会でも年長さんだけは「クラス全体」「学年全体」を表現する種目が増えてくるんです。

年長さんに芽生えてきた「クラス全体を意識する心」。それを伸ばすのが先生たちです。年長組の先生たちは、子どもたちと一緒に走ります。子どもたちはトラック1周ですが、先生が走るのは人数分です。

そして、走りながらこどもたちみんなに激励の言葉をかけます。

「いけるよ!!」

「全力全力!!」

「最後まで、がんばろう!!」

バトンを受け取る子どもたちも、みんな自分のクラスの行方に集中しています。

練習とはいえ、その姿はみている人を十分に感動させてくれます。

がんばる女子をみて、男子にもしぜんと応援する子の姿が……。

きょうの「女子リレー」を制覇したのは、「ほし組」さんの女の子でした。はじめての「1位」です。よほどうれしかったのでしょう。みんな飛び上がって喜んでいました。

もちろん、「ほし組」を率いる美紗先生も満面の笑顔です。もう、泣き出しそうなくらい。

おめでとう、「ほし組」の皆さん。「1位」になれなかったクラスは残念だったけど、次のチャンスを活かしてください。そして次も、またその次も、がんばってかっこいい走りをみせてください。

というわけで、きょうの給食はこちらです。みんながんばったから、お腹がペコペコですね。

鮭ごはん
チキンロールフライ
青菜オムレツ
インゲンソテー
がんも煮
黄桃缶  333kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう!!

By jimjim

PAGE TOP