2019.09.27

西前小学校で「予行練習」。

きのう、10月5日土曜日の天気予報がよい方向に変わったとお話ししました。ところが……。

きょう、ふたたび天気予報が変わりまして、またまた「晴れマーク」と「傘マーク」が一緒に登場。おまけに、台風まで発生したというニュースが飛び込んできました。

うーむ……。きのう、あんなによろこんだのがいけなかったのでしょうか。少し反省。今年は、いつにも増して「天気予報」から目が離せない運動会前の1週間になりそうです。

それにしても、きょうはいいお天気でした。この青空を、来週の土曜日のために「お取り置き」しておきたいくらいのいいお天気です。

透きとおるような青空と心地よい風……。秋の訪れを感じながら、きょうはお隣の「西前小学校」の校庭をお借りして運動会の「予行練習」をおこないました。

「予行練習」と申しましても、すべてのプログラムを練習するわけではありません。きょうのメニューは、年少さんが「リズム」、年中さんは「リズム」と「かけっこ」、年長さんは「リズム~パラバルーン」「組体操」「クラス対抗リレー」、そして開会式と閉会式でした。

年少さんには、はじめての「西前小学校」。年中さんや年長さんは昨年、一昨年と運動会をおこなっていますが、それでも西前小学校を訪れるのたのはそのときだけですから、ほとんど「はじめて」といってもいいでしょう。それにもかかわらず、みんなものすごいリラックス感……。

いえ、「のびのびしている」という見方のほうがいいのかもしれません。ある意味、非常に「頼もしい」です。

その「頼もしさ」が子どもたちを後押ししているのか、何しろ演技も競技も本番を思わせるような「出来栄え」です。「ゆり組」さんの幸代先生など、子どもたちの「リズム」のすばらしさをみて、なんだか運動会を前に「やりきっちゃった感」を漂わせちゃったりして……。

いやいや、まだ早いですよ。本番は来週ですので、そこんとこヨロシクお願いします。

「かけっこ」だって、本気度合いがいままでとは全然違いました。何が違うかというと「顔」が違うんです。

「かけっこ」の練習をはじめたころは、「楽しい」という表情が前面に出ていたのですが、きょうみたところでは、その表情がだいぶ変わってきていました。

何がどう変わったのかを説明するのは難しいのですが、子どもたちの表情に「走るぞ!!」という「意気込み」のようなものが感じられるんです。

ですから、「かわいい」という表現ではなく、男の子も女の子も「かっこいい」という言葉が似あうようになってきました。これだけでも、すごい成長だと思います。

年長さんの演技や競技も、とてもすばらしい内容でした。「リズム~パラバルーン」も「組体操」も、演技を終えると、担任以外のフリーの先生や補助の先生から大きな拍手が贈られていました。

そう、きょうはお客さんがいませんでした。この子たちに贈られる拍手は、先生たちだけからの拍手。数は少ないけど、とてもあたたかい拍手でした。

これが、本番になったらどうなるのでしょう。

「組体操」では、全身砂まみれになり、顔だって髪の毛だって汚れます。

リレーでは、抜かされたって歯を食いしばって走ります。

そんな一生懸命のこの子たちに、会場の皆さまは……。

それは、運動会当日まで「おあずけ」ですね。

というわけで、きょうは西前小学校をお借りしての「予行練習」のもようをちょっとだけお伝えしました。

では、また来週お会いしましょう。

よい週末をお過ごしください。

By jimjim

PAGE TOP