2019.11.18

クリスマスの準備が少しずつ……。

きょうは、午後になってから南風が強まりましたね。そのおかげで、あたたかな一日となりました。明日は、北寄りの風にかわるものの、気温はまだ高めのようです。そして、明後日……。

明日よりも北風が強まるかもしれません。気温も下がりそうです。北風が強まって、気温も下がる……。もしかすると、「木枯らし」が吹くかもしれませんね。

そういえば、昨年は「木枯らし1号」が観測されなかったような気がします。何といいますか、「木枯らし1号」とか「春一番」などは、季節の移り変わりを大切にする日本人ならではの感じ方だと思います。あまり強い風は、災害の恐れがありますので歓迎できませんが、観測されないのもなんとなくさみしいです。

今年の「木枯らし1号」はどうなるのか、見守りたいです。

さて、杉之子幼稚園では、「生活発表会」の練習が着々と進行しています。「ホール練習」では毎日、「時間割」にそって各クラスがステージを使っています。ホールのステージは、本番で子どもたちが立つ場所ですから、ここでの練習は大切な時間です。

子どもたちは、意外とのびのびしていて、ステージに慣れてきたようすでした。

年長さんは、劇の練習が熱を帯びてきました。先生が振り付けのお手本をみせながら……、

子どもたちは、台本を手に「セリフ」の練習です。お友だち同士で、お互いに自分の「セリフ」の出番を確認し合いながら、練習を進めていました。こうして「お互いに」という協同作業ができるのが年長さんです。みていて、とても頼もしい感じがしました。

こうして、すべてのクラスが「生活発表会」の練習をしているかというと、必ずしもそういうわけではなく……。

「うさぎ組」さんは、子どもたちが廃材をつかって自由に製作をしたり、お遊びをしたりしていました。

綾音先生に聞いたところでは、子どもたちが自分たちのあそびにものすごく「熱中」していたんですって。それを途中でやめさせたくなくて、きょうは子どもたちの好きなように自由にあそばせてあげたそうです。

「はさみ」を使うのが上手になってきたので、一生懸命に紙を切る子もいますし……、

廃材の箱を「お弁当箱」に見立てて、こんなにすてきな「お弁当」を作っていた女の子もいました。「お弁当箱」の色がとてもかわいらしく、中身も充実していて、ほんとうにおいしそうでした。

ちなみに、「明日は、おどりの練習をしようね」って、子どもたちには伝えてあるそうです。

さて、こちらは「ゆり組」さんです。「ゆり組」さんも、きょうは「生活発表会」とは無縁の一日を過ごしていました。

それは、なぜかといいますと……。

ある「製作」をしていたんです。背中を向けている幸代先生の左手をご覧ください。何か、「ドーナツ状」のものを持っています。これが、今回の「製作」の「ベース」となります。

では、具体的に見てまいりましょう。

「ドーナツ状」のものは、子どもたちに一枚ずつ配られます。子どもたちは、この「ドーナツ状」の段ボール紙の上に、「松ぼっくり」やら「どんぐり」やらをボンドでくっつけていきます。

「ゆり組」さんには、「松ぼっくり」や「どんぐり」がまだたくさん「在庫」してありますので、ほとんど使いたい放題です。たくさんあるので、どんどんくっつけていく子どもたち。

そして、色のついた紙を使って「リボン」もつけちゃったりして、なかなかオシャレです。こうして作っている物は、いったい何かと申しますと……。

もう、おわかりですよね。クリスマスの「リース」です。ボンドが乾いたら、きっと次の工程に進むのでしょう。いったい、どのように発展していくのか楽しみですね。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

ごはん
キャベツサラダ
トマトソースハンバーグ
青のりポテト
白桃缶  343kcal

ごちそうさまでした。

「ゆり組」さんのクリスマスの「リース」、お楽しみに!!

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP