2020.03.05

2月28日に逆戻り。

毎年、この時期になりますと寒い日とあたたかな日が交互におとずれ、それとともに少しずつ気温も上がって、いわゆる「三寒四温」を感じるのですが、今年は、その「寒」がとても弱い気がします。

このまま「春」がやってくるのか、それとも最後に一発、今までのあたたかさを打ち消すような強烈な寒気が入ってくるのか、どうなるのでしょうね。

さて、きょうは先週jimjimがお休みをいただいた2月28日金曜日の写真が発掘されましたので、ご紹介したいと思います。

jimjimはお休みでしたから、撮影はなんと、園長先生自らがシャッターを押してくれたようです。

jimjimは現場にいたわけではありませんので、そのときのもようを言葉でお伝えすることはできませんが、写真から、その場の空気を感じ取っていただけたらと思います。

この日は、前日に安倍総理から「休校要請」があり、杉之子は月曜日からの休園を決めましたので、年長さんにとっては実質、最後の保育となりました。

年中の「ゆり組」さんと「ひまわり組」さんは、「つくってたべよう」でカレーを作りました。

休園前の最終日で、ギリギリ滑り込みセーフとなった「つくってたべよう」。

みんなでつくることができて、ほんとうによかったと思います。

「つくってたべよう」のもようは、フォトクリエイトさんからカメラマンさんが入って撮影してくれましたので、できあがりを楽しみにしていてくださいね。

そして、同じお昼ごはんでも、こちらは「お弁当最終日」の皆さんです。

年少さんや年中さんは、進級してからも「お弁当」を食べることができますが……。

年長さんにとっては、最後のお弁当になります。小学校は、「給食」ですからね。

最後のお弁当に「スペシャル・メニュー」が添えられているお子さまもいました。それは、「ありがとうの手紙」……。

そこには、3年間たべてくれたことへの感謝の気持ちが綴られています。

その感謝の思いは、まちがいなくこの子たちの心に届いています。

そして、「食べてくれたことへの感謝」は、「作ってくれたことへの感謝」へとつながり……。

その「作ってくれたことへの感謝」は、この子たちの心の中に、一生の宝物として残ることでしょう。

お弁当を作ってくださった保護者の皆さま全員への感謝の気持ちを込めて、園長先生からの一枚をご紹介させていただいたところで、きょうはおしまいです。

また明日、お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP