2020.06.26

少しずつ七夕の準備が……。

きょうは霧が濃く、雲の多いはじまりだったのですが、霧も雲もしだいに晴れてきて、登園の頃にはお日様が顔を出してくれました。

久しぶりに園庭に降りそそぐ夏の陽ざし……。その陽射しを浴びながら、朝からお子さまたちは思いっきり園庭あそびを楽しんでいました。

そして、お部屋に入りますと……。

「ちゅうりっぷ組」さんの男の子がjimjimのところにやって来て、「ちゅうりっぷ組にすごいものができた!!」と教えてくれました。

さっそく、行ってみますと……。

お部屋の奥に段ボールでつくった「おうち」ができあがっていました。写真の手前が玄関で、テーブルの上にはお料理が並び、向こうには高級そうなキッチンも据え付けられています。

「リビング」では横になってくつろぐ「ご家族」の姿も……。

しかも、一番奥にはお風呂まであって、生活するには十分な設備が整っています。

子どもたちって、こういうおあそびが大好きですよね。jimjimも子どもの頃、「秘密基地」とかいって段ボール箱で「おうち」をつくった記憶があります。

自分たちでつくったこの空間が、子どもたちにとってとても居心地が良いことは、間違いないでしょう。もしかすると、これからもっともっと子どもたちの手で改良がくわえられ、「夢のおうち」ができあがるかもしれません。楽しみですね。

さて、きょうは年中さんと年長さんの登園日でした。年中さんは、2回目の「体操指導」です。前回は、雨のためにホールでしたので、園庭での「体操指導」は、はじめてです。

きょうの「メニュー」は、「走ること」がメインでした。指導員の蛭田先生が、園庭の2か所に大きな〇を描きます。最初は、全員がこの丸の中に入ります。

そして、蛭田先生の合図で、もうひとつの〇に移動するわけです。まずは、ゆっくり歩いての移動で感覚をつかみ、そのあとに走って移動します。

こちらも、走っている写真ですが、上の「たんぽぽ組」さんの写真とちょっと違うところがあります。

どこが違うか、おわかりになりますか?

「たんぽぽ組」さんの写真は、全員が同じ方向を向いて走っていますが、こちらの「ひまわり組」さんでは、右側から反対方向に走る子の姿が見えます。

つまり、「ひまわり組」さんは、より難易度が上がっていて、向こうから走ってくる相手をよくみていないと「衝突」する危険があるわけです。

同じ「走る」にしても、「一方通行」と「対面通行」では、子どもたちの緊張感がけっこう違うと思います。

こちらは、両手を広げて「ヘリコプター歩き」。ぐるぐる回りながら、反対の〇に移動します。

あまりぐるぐる回り過ぎると、目が回りますよー。でも、楽しそう。

こちらは、ピョンピョンと「うさぎさんジャンプ」で移動しているところ。

でも、ただ移動しているわけではありません。何かが違うのですが、これを見破ることは、ちょっと難しいです。

何が違うのかといいますと……。

「うさぎさんジャンプ」をしながら、後ろに進んでいるんです。前に進むのは簡単ですが、後ろ向きはむずかしいですね。

このように、ただ「走る」といっても、指導員の蛭田先生の手にかかりますとさまざまなバリエーションが飛び出してきますので、子どもたちは飽きることがありません。

広い園庭ではありませんが、使い方によってはこうして楽しい「体操指導」ができるんだなと思いました。

そして、年長さん。

「ゆき組」さんの絵の具製作は、さらに彩りが豊かになってきました。とても、きれいです。「野菜」や「くだもの」のみずみずしさが伝わってくるようです。

「つき組」さんは、ハサミを使って「紋切り」をしていました。そういえば、「紋切り」は、先日「たんぽぽ組」さんもしていました。

「紋切り」でできあがったものは、いったいどうするのでしょう。

その「ヒント」は、こちらにありそうです。

それは、「七夕」の短冊づくりです。

「にじ組」さんは、みんなで短冊に「お願いごと」を書いていました。

「短冊づくり」は、「ほし組」さんも……。

「あいうえおひょう」を使って、一生懸命にお願いごとを書き込むお子さまたち。

その思いが伝わって、「お願いごと」はきっと叶うことでしょう。

短冊ができあがったら、どこに飾るのかといえば……。

「笹」です。実は、一昨日いただいてきました。

きょうは飾ることができませんでしたが、来週はすてきな「七夕飾り」ができあがるかもしれません。

どうぞ、楽しみにしていてください。

では、また来週お会いしましょう。

よい週末をお過ごしください。

by jimjim



PAGE TOP