2020.07.27

きょうから、半日保育です。

けさ、朝のお迎えで5日ぶりにMM地区をバスで走っていますと、高島中央公園のあたりから「シャアシャアシャアシャア」とにぎやかな鳴き声が聞こえてきました。

この鳴き声は……。

そう、「クマゼミ」です。その名のとおり、このあたりに生息するセミの中では最大級のセミで、からだが大きいので鳴き声もよく響くようです。

もともとは、九州南部などのあたたかな地域に生息していたようですが、最近では横浜でもふつうにみられるようになってきました。Jimjimが子どもの頃は、まだ「クマゼミ」はいなかったので、ここ20年くらいの間に繁殖したようです。その理由としては、「温暖化で北上した」とか、「鹿児島の木をこちらに移植するときに根っこに幼虫がくっついていて、それが繁殖した」とか、いろいろなことがささやかれています。

この「クマゼミ」だけは、jimjimはつかまえたことがありません。もし、鳴き声を聞いたら、がんばってつかまえてみてください。

さて、連休が明けて、新しい週がはじまりました。きょうから終業式の30日までは、「半日保育」となります。1学期もあとわずかということで、各クラスは思い思いに過ごしていました。

まず最初の一枚は、年中の「たんぽぽ組」さんと「ゆり組」さん。丸く輪になってお座りをしていて、その真ん中にカゴが置いてあります。ふつうに考えれば「玉入れ」ですが、ただの「玉入れ」ではありません。何かといいますと……。

運動会の競技に向けての「試行錯誤中の玉入れ」といったらいいのでしょうか。当初、「こうしたらどうだろう」という目論見があって、そのとおりにやってみたところ、これがうまくいきません。

「うーむ……。」と考え込む幸代先生たち。

そこで、やりかたをチェンジすることになりました。といっても、まだ成功したわけではありませんが……。

こうして、運動会に向けての試行錯誤がはじまったという一枚でした。

「ほし組」さんは、「みっけ!!」をやっていました。

絵をみながら、絵美先生が出すアイテムを絵の中から探し出すんです。みつけたら……。

「みっけ!!」。

ところが絵美先生、そう簡単に見つかるものは選びません。あえて、どこにあるのかわからなそうなものをチョイスして出題します。

jimjimも子どもたちと一緒に探しましたが、降参。

でも、この子どもたちの表情をみてください。みんな、すごく集中しているでしょう。みんなで一生懸命に「みっけ!!」をしている姿がとても印象的な「ほし組」さんでした。

「にじ組」さんは、「のびのびタイム」を楽しんでいました。

ぬりえをしたり、絵の具をしたり……。

お部屋の中は、リラックスムードでいっぱい。

そういえば、美穂先生の雰囲気がいつもと違うような……。

「うさぎ組」さんは、「すぎのこまつり」に向けてみんなでつくったかわいらしい「うちわ」が飾られていました。

その「うちわ」の下で繰り広げられていたのは……。

「段ボールあそび」でした。

「秘密基地」に隠れていた男の子を発見!!

みんな、とても楽しそうでした。

こちらも「秘密基地」でしょうか。

ロケットのところで「かくれんぼ」で隠れていた「りす組」さんを発見!!

みんなで一緒にかくれていたんですね。

1学期ももうすぐ終わりということで、「大掃除」をはじめるクラスもみかけました。

こちらは、年長の「ゆき組」さん。「おもちゃ」や「テーブル」、「ブロック」などグループにわかれてお掃除を進めていました。

年少さんだって、ちゃんとお掃除をします。

「ひよこ組」さんは、まずは自分のお荷物のお片づけから。

真奈美先生が、片づけ方をひとつひとつやさしく教えてくれます。

こちらは、「ぞう組」さん。なんだかみんなで和気あいあいとブロックをお掃除してくれていました。

ブロックも、ピカピカになってきっと喜んでいると思います。

一生懸命にお掃除してくれてありがとう。

では、また明日お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP