園のご紹介

園長よりごあいさつ

杉之子幼稚園では、誰もが「幼稚園って楽しい」「明日も早く、幼稚園へ行きたいな」と思える楽しい空間づくりを心がけて、私たち自身が幼児教育を楽しんでおります。
子どもたちは、子ども自身がやりたい遊びを自分で見つけ出し、その一つの遊びを夢中になって遊んであそんで遊び込んだ時、何かに気付いたり発見したりしてゆきます。教育理念であります「遊々一心」は、そうすることによって遊びがつながり心もつながってゆくことを目指しています。この時期の子どもたちにとっての遊びは、大切な学びの場です。すぐに友だちの輪の中に入って遊ばなくても、その子はお友だちと「一緒にいる」心地いい空間を共有しているのかもしれません。そこからしだいに様々な友だちとのかかわりが生まれ、お互いを認め合い、みんなと力を合わせて達成する喜びや満足感を経験していく。それが幼児期の成長であり、何よりも大切なことだと思っております。

人とのかかわり

「人とのかかわり方」の基礎が身につく時期はだいたい6歳までといわれており、それは子どもが幼稚園に通う時期に一致します。幼稚園の存在意識はここにあると思います。
幼稚園は、「人とのかかわり方」を学ぶ場なのです。それは、主として「あそび」の中から育っていきます。友だちと遊ぶことはとても楽しいことですが、時にはおもちゃの取り合いでケンカになることもあります。年長児になるとケンカしたり、もめたりすると言い合いになりますが、その都度、仲直りのコツを覚えていきます。子どもたちにたっぷりの時間を渡すと、考えてかんがえて考え抜くうちに周りの子どもたちもその子の話を聞いたり、慰めたりしてお互いを認め合います。そうして譲り合いながら、「ごめんね」「いいよ」と子どもたち同士で解決していくのです。自分たちで解決していく力や人とのかかわり方は、そのような経験から自然とできてゆくのだと思うのです。

生きていく力

幼児期に必要なのは「質より量」の人間関係だと思っています。それは、できるだけ多くの友だちと接し、色々な問題解決のパターンを経験しながら人に対する適応力を身につけることが大切だと考えているからです。「生きていく力」は、「人とのかかわり」の中でこそ育っていくものだと考えています。「生きていく力」を伸ばしてあげるためには、たっぷりとした愛情のもとで自己肯定感を育んであげることが大切だと思います。私たちの園では、子どもたちはやりたい遊びを自分で決め、人や物とのかかわり合いの中で葛藤、失敗、挫折感を経験します。褒められることばかりではありません。しかし、褒めてあげることは何よりも大切です。頑張ったことを褒められ認められると、子どもたちは自信がつきます。そして、その自信といつでもどこでも見守られているという安心感が子どもたちの「生きていく力」になるのだと思うのです。

元気一杯!すぎのこ幼稚園

私たち杉之子幼稚園は、子どもたちが「あそび」を通して人とのかかわり方を学び、生き方の基礎が身につくような保育を心がけています。例えば、保育者は積極的に「あそび」に参加し、子どもたちと一緒に汗を流したり、笑ったりしながら生きることの喜びを伝えていきます。杉之子幼稚園は、いつも子どもたちと保育者の元気な声がいっぱい!!
それが杉之子幼稚園の一番よいところであり、素晴らしいところだと思っております。
どうぞ、子どもたちの輝くひとみととびっきりの笑顔、そして体で学んでいる姿を見にいらしてください。杉之子幼稚園は、子どもも保護者も楽しく過ごせる幼稚園です。 杉之子幼稚園を、どうぞよろしくお願いいたします。

園長 鈴木 直美

PAGE TOP