2021.04.27

4月生まれの「お誕生日会」でした。

きのうの夜、何気なく空を見上げたら、まん丸のお月さまがjimjimのほうをみながらニッコリと微笑んでいました。「満月だ!!」と思ったら、「満月」は、きょうなんですね。

もし、お時間がありましたら、ちょっとだけ窓を開けて夜空を眺めてみてください。雲がなければ、まん丸のお月さまが微笑んでくれると思います。

ところで、杉之子幼稚園では、今年から「母の日」「父の日」に代わって「家族の日」というイベントを設けました。「家族の日」という名前ではありますが、ご家族で何かをしていただくわけではなく、お子さまがご家族の絵を描いて持ち帰るという内容です。今回、その第1弾をおこない、きょうのお帰りのときにお子さまに「ご家族の絵」を持って帰っていただきました。

すると……。

帰りのバスでのことです。年少さんのお子さまが、「はやくおうちの人に絵をみせたい!!」と、ずっといい続けていました。おうちの人に絵をみせることが、楽しみでならないようすです。年少さんのお子さまにとっては、きょうの絵が幼稚園に入園してはじめての「成果」ですし、本人もそのことがわかっているのでしょう。胸の中は、「がんばって描いた絵なんだ!!」という気持ちでいっぱいなのだと思います。

そのような思いが込められたすてきな絵です。どうか、保護者の皆さまには、お子さまの努力を認めてたくさんほめてあげていただけたらと思います。そして、お子さまと一緒に「絵」についてたくさんお話しをしていただけたらとも思います。お子さまが描いた一枚の絵が、ご家族の心に残る一日を育んでくれたなら、それこそが「家族の日」のような気がします。

さて、きょうもお天気が良く、園庭には朝からお子さまたちの元気な声が響いていました。その元気な声と春の陽気に、「かめじろう先生」も長い眠りからようやくお目覚めのご様子で、園庭のひなたで「お散歩タイム」となりました。すると、たくさんの「ファン」が取り囲んで、「かめじろう先生」は、さながら「アイドル」のようです。

大人気の「かめじろう先生」、これからはゆったりと「日向ぼっこ」を楽しむ姿がみられることでしょう。

「たんぽぽ組」さんは、先日「たき火」から「バーベキュー」へとあそびが発展し、さらに戸部公園へ遠征して「落ち葉」や「まき」まで収穫して、いまや「アウトドア」真っ盛り。

きょうはどうかと偵察にでかけましたら、やってる、やってる……。

ご覧のとおりの作業を進めていました。何をしているか、おわかりですよね。

そうです、「テント」を張っていました。しかし、骨組みとなる柱を「新聞紙」でつくっていましたので、強度が不十分でうまくいきません。

そこで、真純先生はひらめきました!!

その「ひらめき」は、残念ながらまた次回のお楽しみということでお許しください。

年長さんは、「体操指導」がありました。きょうは、「ボール投げ」がテーマです。

ボールを投げて、跳び箱の上にある「ブロック」を落とすのですが、これがなかなか届きません。

子どもたちと跳び箱の距離は、おおよそ4メートルほどでしょうか。一生懸命にボールを投げますが、あっちにいったりこっちにいったり……。

蛭田先生は、そのようすをみながらジッと見守り続けます。

こうして何度もボール投げの練習をしているうちに、お子さまの中に投げ方の「コツ」をつかみはじめた子が出てきました。跳び箱まで届くようになってきたんです。

そして、ついにその瞬間がやってきました。

命中!!

ブロックが跳び箱から「コロリ」と落ちました。担任の先生も蛭田先生も大よろこび。

もちろん、ご本人もこの表情です。こういうのを「ドヤ顔」というのでしょうか。

いままで以上に「男らしく」みえた瞬間でした。

カッコよかったぞ!!


そして、きょうは4月生まれの「お誕生日会」が各クラスでおこなわれました。

こちらは、「ひよこ組」さん。はじめて「お誕生日会」を迎えるお子さまたちに、真奈美先生が「お誕生日の歌」を披露しているところです。

このあと、4月生まれのお友だちに「お祝いの言葉」もプレゼントしていました。

「ほし組」さんでは、美穂先生が黒板に大きな「お誕生日ケーキ」を描いていました。

そのケーキの前に立っているのは、4月生まれの男の子で、手には「お誕生日カード」を持っています。

ちなみに、今年から「お誕生日カード」は首にかけるタイプから手に持つタイプに変わりました。このお誕生日カードを広げると……。

何かが出るようになっているのだとか。男の子は、それに魅入っているようです。

このあと、お友だちからお祝いの「うた」と「言葉」をプレゼントされると、美穂先生のマジックで「お誕生日ケーキ」のろうそくの炎が消える仕組みになっています。

いったい、どんなマジックなのでしょうね。

マジックといえば……。

「ゆき組」さんの里佳先生も、4月生まれのお子さまたちと一緒にマジックをしてみせていました。どんなマジックだったのか、時間の関係で観ることができなかったのが残念でなりません。

内容は、お子さまに聞いてみてください。

こうして、クラスごとに楽しい「出し物」がおこなわれ……、

「ゆり組」さんにいたっては、魚の「シルエット・クイズ」で白熱していました。

幸代先生が数々のお魚たちの絵が描かれたプレートを用意してきたんです。表は絵ですが、裏はシルエットになっています。そのシルエットをみせて、何という名前の魚かを当てるわけです。

その魚種の豊富さときたら……。

マダイ、マゴチ、石鯛、カサゴ、カンダイ、ヒラメ、アカエイ、サカタザメ、マハタなどなど多種多彩。

今、幸代先生が子どもたちにみせている「ミシマオコゼ」にいたっては、「誰がそんなの知っている?」という領域です。

ちなみに、この「ミシマオコゼ」は、顔のパーツがすべて上を向いているという、非常にユニークな顔をしたお魚です。興味のある方は、ぜひ「ミシマオコゼ」で検索してみてください。

以上、4月のお誕生日会のようすをちょっとだけお伝えさせていただきました。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

青菜おにぎり
ハンバーグカツ
くわい入りつくね
野菜ボール
たけのこおかか煮
リンゴ缶  336kcal

ごちそうさまでした。

最後に、きょうの「ママ先生」をご紹介します。こちらの皆さまのほかにも数名いらっしゃったのですが、お仕事の都合でお出かけされまして、写っておりません。

きょうも、「ママ先生」たちにお力添えをいただきました。明日も、どうぞよろしくお願いいたします。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP