2021.06.09

ロケット発射!!

きょうは、半日保育の水曜日でした。「お天気もいいし気温も上がったし、お帰りまでのあいだ、みんな水あそびで盛り上がるだろうな」と思っていたら、意外と「水あそび」をするクラスがなくて、目に留まったのは「ちゅうりっぷ組」さんだけでした。

「ちゅうりっぷ組」さんは何をしていたかと言いますと、「金魚すくい」を真似た「お魚すくい」でした。しかも、お魚をすくう「ポイ」は、郁衣先生の手作りです。

水を張った桶の中には、「サメ」や「タコ」や「タイ」などがたくさん泳いでいて、それをお子さまたちが一生懸命にすくっていました。手元の器は、収穫したお魚さんたちでいっぱいです。

それをみた郁衣先生が「どうやって食べようか」と、お子さまたちと相談していました。

うーむ。やっぱり「お刺身」かな……。心の中でそうつぶやいたjimjimでした。

年長さんのお部屋に行きましたら、「つき組」さんが何やら製作をしていました。

手元の紙をよくみますと「いつもありがとう」と書かれています。

そして、そこにお子さまたちが描きはじめた絵は、誰かの「お顔」でした。

「ひまわり組」さんも、「いつもありがとう」の真最中。

なんだか、すてきな「お顔」が描かれています。

「いつもありがとう」+「すてきなお顔」=「???」

答え合わせまでは、もう少し時間がかかりそうですので、お楽しみにしていてくださいね。

そして、年少さんたち。きょうは、水曜日で「体操指導」の日でした。

きょうは、jimjimの業務の都合で「ひよこ組」さんと「うさぎ組」さんには立ち会うことができませんでした。申し訳ありませんが、ご了承ください。

きょうのテーマは……。

という前に、まずは「準備運動」から。

お子さまたちは、だいぶ「体操指導」の時間に慣れてきたようで、準備運動にも「余裕」が出てきました。

指導員である蛭田先生の「子どもたちを楽しませる進行」とあいまって、ご覧のような笑顔がこぼれます。

準備運動をしたら……。

次は、「前へならえ」で列を整えます。

「ビシッ」と列が整うとカッコいいというのは大人の感覚で、年少さんのお子さまたちは、そんなのまったくお構いなし。

そこに漂う、なんともいえない「ゆるさ」にこそ、年少さんらしさがあふれているのであります。

これはこれで、たまらないかわいらしさです。

では、ここからが本題。きょうのテーマは、「跳び箱」です。

テーマは「跳び箱」ですが、私たちがイメージするような手をついて足を開いて「跳ぶ」のとは、ちょっと違います。どちらかというと、「飛ぶ」ほうでしょうか。

跳び箱の上に登って、そこからマットへ「飛ぶ」わけです。

最初は3段ですが、次は4段へと高さがアップ。

4段になると、登るだけでも一苦労です。まさに、アップアップ(おっと……)。

それでも、手をつき肘を使ってよじ登れば、あとは元気よく「エイッ」とジャンプです。

みんな案外、威勢よく飛んでいてびっくり。

最後は、ロケットになってホールの天井を突き抜けるくらいの勢いでした。

「どんどんたくましくなっていくなぁ」。

そんな思いを抱いた年少さんの「体操指導」でした。

では、また明日お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP