2024.03.29

きょうが、いよいよ今年度の最終日となりました。

きょうは、大荒れのお天気でした。傘がまったく役に立ちません。風の音がゴーゴーと唸り、まるで絵本の中の世界に足を踏み入れたようなお天気でした。

そんなお天気も、午後になると急速に回復して、3時を回る頃にはすっかり青空が広がりました。もちろん、お子さまたちは園庭あそびにレッツ・ゴー!!

はだしで「ぬかるみ」に入ったり、泥んこあそびをしたりと、雨上がりならではの園庭あそびを満喫していました。

その写真も撮れば良かったのですが、何しろきょうは今年度の最終日。今年は、明日と明後日が土曜日と日曜日にあたるため、稼働日が2日少ないんです。わずか2日ではありますが、年度末の2日は格段に重要度が増します。あれやこれやとやること満載で、ちょっと撮影の時間が取れず、事務所の窓からお子さまたちのようすを眺めるだけでした。

でも、最終日なのは、年長さんのキッズのお子さまたちも同じです。午前中だけは、急ぎ足ではありましたが、撮影をさせていただきました。

まずは、年少さんのホールあそびです。ホールの端から端まで走る「リレー」をしていました。

このリレーは、男女対抗であります。ステージ側からスタートして、反対側にいる先生にタッチして戻ります。

戻ったところで、次のランナーにタッチ。

年少さんとは言え、もう来週からは年中さんですから、走り方もなかなかサマになっています。

とても見ごたえのあるリレーでした。

この後、年中さんのホールあそびだったのですが、それは撮影できず……。

申し訳ありません。

年中さんに続いてホールに登場したのは、きょうが最終日となる年長さんたちです。この年長さんたちが最初にチャレンジしたのが、こちらの写真。

コレ、何をしているかおわかりになります?

よく見ると、「くつ」が飛んでいるでしょう。

そう、「くつ飛ばし」です。jimjimも、子どもの頃によくやりました。

「あーした天気になあれ!!」といって、くつを飛ばすあそびです。飛びすぎちゃって家の屋根に乗ってしまい、叱られたこともあります。

裏返しになると「雨」なのですが、今回はおおむね「晴れ」が優勢でしたので、明日はいいお天気になりそうです。

続いては、みんなが輪になってあそぶゲームです。これは、何をしているかといいますと、「ロンドン橋」です。「ロンドン橋、落ちる、落ちる」というアレ。皆さん、ご存じですよね。

輪の中には、4か所の「ロンドン橋」が仕掛けてあって、音楽に合わせて、この橋の下をくぐり抜けていきます。

しかも、先日のピアノ発表会でグランドピアノがステージにセットされたままなので、音楽は先生によるピアノの生演奏。

何ともゴージャスな「ロンドン橋」なのでありました。

こうしてみんなであそぶのも、きょうが最後。

時計の針が進み、午後になって青空が広がりはじめたころ、少しずつ年長さんのお迎えの方がいらっしゃいました。

そこで先生と保護者の皆さまのあいだで交わされる会話は、最後まで名残惜しさに包まれていました。

もう、この笑顔は、きょうで「卒園」です。

来週からは、小学校1年生。新しいお友だちとの生活がはじまります。

不安もあるでしょう。でも、この笑顔があるかぎり、その不安を乗り越えられるとjimjimは信じています。

3年間、ありがとう。保護者の皆さまには、杉之子を選んでくれたことに心から感謝しています。

皆さまと結ばれたこのご縁を、これからもずっと大切にしていきたいと思っています。

どうかまた、杉之子に足を運んでください。

いつでも「Welcome!!」です。

だって、みんな「すぎのこのなかまたち」なのですから……。

by jimjim

PAGE TOP