2024.06.10

年中さん、「お花」をたくさんつくりました。

今週の一日目は、朝方まで雨が降り、湿度が高く蒸し暑い感じの陽気ではじまりました。そのせいでしょうか。年少さんの中には、「ゴキゲン斜め」のお子さまもみられました。

陽気によっては、大人でも調子が上がらなかったり気分がすぐれなかったりするときがありますから、お子さまならなおさらでしょう。朝は不機嫌でも、幼稚園に来て先生やお友だちと顔を合わせますと、いつの間にかニコニコ顔になっています。お帰りのときには、「よくがんばったね」と声をかけて、ちからいっぱい抱きしめてあげてください。その思いは、きっとお子さまの心に届くはずですから……。

さて、そんな曇り空の下、きょうは大地震を想定した避難訓練を実施しました。先日も、関東地方に緊急地震速報が流れたばかり。大地震が起きないことを祈るばかりです。

曇り空が主体ではありましたが、ときどきお日様も顔を出しまして、園庭にあたたかな陽ざしが届く場面もありました。その陽ざしを浴びながら、昨夜の雨で固まりやすくなった「山の砂」を使って、「アイスクリーム屋さん」を開店したお子さまたちがいました。

お砂場の横にあるテーブルには、すでにたくさんのアイスクリームが並んでいて、テーブルの右端には、これからアイスを入れるコーンもみられます。どうやら、豊富なラインナップでお客さまをおもてなしするようですね。いったい、どのようなフレーバーが楽しめるのでしょうか。

きょうの園庭あそびは、最初のうちは年少さんがメインでした。写真にはないのですが、そのうちに年長さんが合流しまして、盛大な水遊びがスタート……。

どのように「盛大」なのかといいますと……。

「ガチャポンプがシャワーの代わりになっていた」といえば、わかりやすいでしょうか。

何しろ、「すごかった」ということだけは、お伝えしておきます。

そして、年中さんはといいますと……。

きょうは、年中さんの全クラスが小さく切った折り紙をつかって、「お花」のかたちをつくる製作をしていました。

手前の女の子が、。四角い紙を手に持っているでしょう。これを使うわけです。

この四角い紙を半分の半分に折って……、

四隅にハサミを入れます。これが、けっこう慎重さを伴う作業でありまして、注意しなければいけないのは、あまり深くハサミを入れないこと……。

うまくいけば、こうしてきれいなお花のかたちができあがります。

ハサミを深く入れすぎますと、お花のかたちにならずにバラバラになってしまいますので、ここが今回の製作の大きな「山場」であります。

それは、お子さまにも十分に伝わっているようで……。

「よし、いいぞ、うまくいった!!」。

この達成感にあふれた表情が「山場」を無事にクリアできたことを物語っています。

でも、失敗してもいいんですよ。やり直せばいいのですから。

みんなの集中している顔が、とてもすてきな年中さんの「お花」の製作でした。

ところで、いったい何のお花なのでしょうか。その答えは、もうすぐお分かりになりますよ、きっと……。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

たまごふりかけごはん
肉詰めれんこんフライ
木の葉しんじょ
ウィンナー
チンゲン菜のごま和え
黄桃缶 379kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP