2024.06.14

「くま組」さんと「ひよこ組」さん、「スイミング」に行きました。

きのう、年中さんの製作で「アジサイ」がたくさん咲いたお話をしました。いま、杉之子幼稚園の園庭では、春先に咲いていたお花たちが一段落し、「タネ」が育っていたり「実」が育っていたりしています。そんな中で、いままさに「満開」になっているのが、「ヤマボウシ」です。

「ヤマボウシ」は、グリーンハウスのすぐ横に伸びている4mほどの高さの木で、その全体を覆うように白い可憐な花が咲き誇っています。

調べたところでは、このあと9月から10月にかけて赤い実がなり、その実を使って「ジャム」や「ジュース」ができるそうです。杉之子幼稚園の園庭で採れた実で「ジャム」や「ジュース」ができたらうれしいですよね。なんだか、秋になるのが待ち遠しくなってしまいました。

でも、その秋が来る前に乗り越えなければならないのが、暑い夏です。きょうは、その夏の到来を思わせる暑さでした。

園庭では、年長さんや年中さんのお子さまたちが、思いっきり「水あそび」を楽しんでいました。ガチャポンプは「シャワー」になり……、

「じゃぶじゃぶ池」は、溜まった水でプール状態に……。

洗剤の容器を使った「水鉄砲」は、あちらこちらで威力を発揮して、先生たちも放水銃で応戦。

真夏の陽ざしが降りそそぐ園庭では、そんな光景が繰り広げられていました。お子さまたち、ほんとうに楽しそうで、園庭には「ヤマボウシ」のお花並みにお子さまたちの笑顔の花が咲き乱れていました。

その頃、2階のホールでは、年中「たんぽぽ組」さんの「体操参観」があり、たくさんの保護者の皆さまがお子さまたちを見守っていました。

蛭田先生の体操指導を受けながら、お子さまたちがおうちの人に手を振る姿がみられ、保護者の皆さまのあたたかな視線が、お子さまたちの心に勇気の火を灯したようでした。

「たんぽぽ組」さんの保護者の皆さま、本日はご来園くださり誠にありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。

さて、最後はこちら。年少の「くま組」さんのお部屋です。机の上には、お弁当が用意されていますが、ランチタイムの時間ではありません。まだ、登園直後の写真であります。

実は、お子さまたちはすでに水着に着替えておりまして、このあと「スイミング」へと出発するところなんです。園に戻るのがお昼頃になりますので、あらかじめお弁当の用意をしておき、帰園したらすぐに食べられるように準備をしているわけです。

ランチの準備を整えたら、「スイミング」に向かって出発です。でも、なんだか表情が冴えません。どうやら、お子さまたちはみんな緊張しているようです。

無理もありません。はじめての場所に行くわけですから、お子さまたちが「いったい、どこに連れていかれるのだろう」と不安を感じるのは、当然です。

その緊張を和らげてくれたのは、やっぱり担任の先生でした。「スイミング」の会場である「ヨコハマスイミングクラブ」さんまでは、アンパンマンバスで約5分の短い行程ではありますが、バスの中でいつものように「朝の会」をおこないますと、一気にお子さまたちの表情が崩れました。

「ヨコハマスイミングクラブ」さんに到着してバスを降りたら……。

受付で「よろしくお願いします」のご挨拶です。このあとは、更衣室に荷物を置いて、ガラスの向こうにある大きなプールへと進んでいくわけですが、諸般の事情により撮影できるのは、ここまで。どうか、そのあたりの事情につきましては、お汲み取りいただけたらと思います。

きっと、みんな「スイミング」を楽しんだことでしょう。どんなメニューで楽しんだかは、お子さまに聞いてみてくださいね。

というわけで、きょうは「くま組」さんと「ひよこ組」さんが、「スイミング」に行ったところまでをお伝えさせていただきました。

では、また来週お会いしましょう。

良い週末をお過ごしください。

by jimjim

PAGE TOP