2024.07.09

「屋台屋さんごっこ」、大賑わい!!

きょうも十分に暑かったのですが、きのうに比べますと雲が多く、また風もありましたので、短時間ではありますが「お水あそび」を楽しんだクラスがみられました。

火曜日ということで、年長さんは体操指導があり、じゃんけんで4人を勝ち抜いていく「サッカーゲーム」をしました。その後、ドッジボールとなり、思いっきりからだを動かしたようです。

それらの写真もご紹介したいところなのですが、きょうは正課の保育がはじまる前、いつもなら「朝の園庭あそび」をする時間に、ホールで「屋台屋さんごっこ」が開かれ、大いに盛り上がりをみせましたので、そのようすに重点を置いてご紹介したいと思います。どうか、ご了承ください。

まずは、どのような「屋台」が出店していたのか、そのラインナップをご紹介してまいりましょう。

1枚目の写真は、「たこ焼き屋さん」です。2個1セットで販売されていて、「ソースと青のり」のトッピングが食欲をそそります。

こちらは、「クレープ屋さん」。クレープといえば、さまざまな具材を選んで楽しめるのが大きな魅力です。

その「魅力」を、ここでは忠実に再現することにこだわりました。

お好みの具材をチョイスしてオーダーすれば、お店のマスターが華麗な手つきであっという間に仕上げてくれます。

このクレープ屋さん、できあがったクレープの見た目が美しいだけでなく、お味のほうもバッチリだとか……。

おいしいものを食べれば、当然、飲み物もほしくなるわけで、「アイスコーヒー」や冷たい「ソーダ」が用意されているのもニクイところ。

まったく、「かゆいところに手が届く」設定で、jimjimとしては驚くばかりです。

そして、秀逸なのがこちらの屋台。今回、渾身の出来ばえをみせた「すぎのこ焼きそば」であります。

具材に「玉子焼き」や「キャベツ」、「紅ショウガ」を用意し、まさに「王道路線」で勝負を挑んできました。

この「具材」の魅力を十分に引き立たせるのが……、

いま、女の子がアツアツの鉄板で仕上げている、こちらの「特製極太麺」です。かつてないくらいの濃厚ソースを惜しげもなく使い、ちから強い「コシ」が圧倒的な弾力を伴って独特の食感を生み出します。

欲張ってたっぷりの麺を頬張ろうものなら、アゴが外れるくらいのモチモチ感に悩まされることでしょう。

この極太麺が「玉子焼き」や「キャベツ」「紅ショウガ」と奏でるハーモニーは、もはや有名なB級グルメを凌駕するといっても過言ではないかもしれません。

ぜひ、トライしていただきたい逸品であります。

残念だったのは、jimjimが「屋台村」にたどり着いたときには、すでに「チョコバナナ」が売り切れていて、早々に閉店していたこと。

こちらも、「すぎのこ焼きそば」に勝るとも劣らない出来ばえで、もう少し詳細にご紹介したいところでした。やっぱり、お子さまたちは「チョコバナナ」が大好きなんですね。

きょうの「屋台屋さんごっこ」は、フリーの先生たちが企画してくれました。お店で販売するさまざまな食べ物については、お子さまたちも一緒につくってくれたそうです。

また、お店屋さんのお手伝いには、フリーの先生が用意した「アルバイト募集」のチラシをみて、年長さんたちが自主的に応募してくれたとのこと。企画した先生も、お手伝いしてくれたお子さまたちも、お客さんもみんなが楽しんだ全員参加の「屋台屋さんごっこ」でした。

こうして、杉之子幼稚園史上、はじめての試みとなった「屋台屋さんごっこ」は大成功でした。またいつの日か、開催されるといいですね。そのときには、屋台のバリエーションが増えているかもしれません。

この子たちのキラキラと輝く瞳には、その期待があふれているような気がしました。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

八穀ごはん
さばの照り焼き
ハムカツ
里芋煮
いんげんのごま和え
パイン缶 393kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう。

明日は、半日保育です。

by jimjim

PAGE TOP