2012.06.27

すぎのこドンブラだ!!

昨日と今日は、久しぶりにおひさまが顔をだしてくれました。梅雨の中休みといったところでしょうか。気温が上がれば、プール開幕!!といきたかったのですが、陽射しはあるものの気温の上がり方は緩やかで、開幕は持ち越しに。目の前にごちそうがあるのに、食べられない......。水を張ったプールを前にした子どもたちの気持ちは、きっと、そんな感じだったかもしれません。

そんな子どもたちの気持ちを察して、男の先生がなかなかダイナミックな遊びを考えてくれました。プールの両端に2本のロープをわたし、その間に浮き輪つきのベビーバスを浮かべて、それに乗った子どもたちは、自力でプールの端から端までわたるのです。名付けて「すぎのこドンブラ」。子どもたちは、自分の腕の力でロープにつかまって進まなければなりませんから、楽しみながらも、その表情はどこか真剣です。

ちょっとした工夫で子どもたちを楽しませてしまうウチの先生たち......。先生だけど、心の中は、きっと「こども心」でいっぱいなんですね。

by JimJim

PAGE TOP