2020.09.01

「リレー」の練習がはじまりました。

カレンダーが一枚すすんで、9月になりました。新型コロナウィルスの影響により、いままで毎年してきた行事をいろいろと「自粛」しながらの毎日ですので、なんだか時間の感覚がズレてしまいました。「9月」と聞いても、妙な違和感を覚えてしまいます。

でも、あとでご紹介する「運動会」の練習に立ち会いますと、「あぁ、やっぱり9月なんだ」と感じながら、いままでの時間のズレが修正され、ようやく季節感が戻ってきたように思いました。

さあ、9月。きょうから一日保育になり、2学期が本格的に始動しました。体調に気をつけながら、楽しい毎日を過ごしていきましょう。

きょうは、いままでの猛暑に比べるとあまり気温が上がらず、過ごしやすい一日でした。年少さんや年中さんは、この涼しさを感じながら園庭あそびを楽しんでいました。

そんな中……。

Jimjimが職員室でお仕事をしていると、「ゆり組」さんからの「使者」がやってきて、こういいます。

「カプラ積み木がすごいことになっているから、来て!!」。

こういううれしい「お誘い」を受けたら、行かずにはいられません。カメラを持って「ゆり組」さんを訪れますと……。

そこには、見事な「カプラ・タワー」がそびえたっているではありませんか!!

しかも、この「カプラ・タワー」、ただ組み上げただけではありません。細い部分と広い部分が交互に織り交ぜられ、それがアクセントとなって、より一層、立体感を際立たせています。そこからは、きちんと「計画性」をもって組み上げられたことが伝わってくるんです。

ほんとうに「すごいこと」になっていたので、jimjimもびっくり。製作者一同を集めて、みんなで記念撮影をさせていただきました。

「ゆり組」の皆さん、見事なチームワークでした。このチームワークを大切にして、「運動会」もがんばってくださいね。

そして、その「運動会」に向けての練習がはじまりました。その口火を切ったのは、年長さんです。

きょうは、リレーのための「タイム測定」をしました。せっかくの「タイム測定」でしたが、Jimjimの仕事の都合で「ゆき組」さんと「ほし組」さんしか撮影できなかったことを、あらかじめお詫びいたします。

「タイム測定」ではありましたが、きょうはじめて走るので、まだ「競争」という意識が子どもたちの中には、あまりないようです。

どこか、ちょっと「ゆるい」感じ。「本気モード」で走ったら、もっとイケそうなタイムだったのではないでしょうか。

そんな子どもたちの目を覚ますかのように、指導員の蛭田先生は、タイム計測のあとに「リレー」の練習をセッティングしてくれました。

実際に「リレー」を体験すれば、競争心に火がつくはず……。

その思いは、蛭田先生も年長の先生たちも一緒です。

そこには、「運動会を通して子どもたちの「全力」を引き出してあげたい……」という思いが込められています。

女の子が「リレー」を走っているときには、男の子の熱い声援が飛び、男の子が走っているときには、女の子たちから熱い声援が飛ぶ……。

そんな場面を目の当たりにしますと、クラスの「一体感」が育っていることを実感します。

きょうの練習は、「負けないぞ!!」という気持ちに火をつける「導火線」になったことは、間違いなさそうです。

これから、子どもたちの「全力」がどこまでのびていくのか、楽しみでなりません。

というわけで、きょうの給食はこちらです。久しぶりに給食を撮影したら、すごくアップになっちゃった。
「おにぎり」が巨人サイズみたいです。

梅わかめおにぎり
いかと彩り野菜のカツ
くわい入りつくね
千切り大根ペペロンチーノ風
ブロッコリーのごま和え
パイン缶  339kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう。

明日は、半日保育です。

by jimjim

PAGE TOP