2020.09.02

年少さん、体操指導!!

きょうは、久しぶりに雨が降りましたけど、なかなかまとまった雨になりませんね。すぐに上がってしまって、「めぐみ雨」にはほど遠い感じ。まるで、アツアツの鉄板に霧吹きで水を吹きかけているような感じです。日本の近海には、台風がふたつもあって、しばらくはきょうのようなにわか雨に注意が必要かもしれません。

さて、きょうは半日保育の水曜日。短い時間でしたが、ここしばらく「半日保育」が続いていたこともあって、どのクラスも充実した半日になったようです。

最初は、「ちゅうりっぷ組」さんの朝の会から。Jimjimは、朝の会の途中からおじゃましたので詳細はわからないのですが、こちらの4人のお子さまたちがマイクで自分の好きなものなどを話していたようで、いい感じに盛り上がっていました。

「ちゅうりっぷ組」さんは、この後に「新聞紙ジャンケン」をして、さらに「新聞紙ちぎり」までやって楽しさいっぱいだったようです。

「朝の会」が終わった「ひまわり組」さんは、「鬼ごっこ」をしに園庭へ。こちらは、あかり先生との元気いっぱいの時間を過ごしていました。

「たんぽぽ組」さんは、丸く輪になって何をしているかというと……。

「フルーツ・バスケット?」

いえ、「なんでもバスケット」です。

これは、里佳先生が「ルール」を説明している場面。「体操着を着ている人って言ったら、体操着を着ている人は、席を移動するんだよ」「お名前のバッチをつけている人って言ったら……」と、ていねいに説明して、さあゲームスタート!!

みんな、一斉に移動して……。

ふぅ、セーフ。あー、あぶなかった。

みんな、ルールはわかったかな?

「ほし組」さんは、「お顔」を画用紙に描いていました。「だれのお顔なの?」と聞いたら、自分のお顔だそうです。運動会で使うとか……。

どのように使うのかは、「お楽しみ」にしておいてくださいね。

そして、きょうの本題です。きょうは、年少さんが2学期はじめての「体操指導」にのぞみました。

きょうは、前半が「くま組」「うさぎ組」「ぞう組」さん、後半が「ひよこ組」さんと「りす組」さんでしたが、ここでは織り交ぜてのご紹介となりますので、ご了承ください。

最初のメニューは、「ライオンさん歩き」。「手と足をしっかり使って」といいたいところなのですが、どうしても足は膝がついてしまい、「赤ちゃんライオン」になってしまうんです。

それでも、子どもたちはみんな一生懸命です。気持ちが入り過ぎて、お顔まで「ライオンさん」になっちゃっているお子さまも……。

この無邪気さがかわいいです。

写真にはないのですが、「ライオンさん歩き」のあとは、マットの上を横になって転がる「お芋コロコロ」をしました。

この「ライオンさん歩き」と「お芋コロコロ」は、実はあるメニューに向けての準備だったんです。

そのメニューとは……。

「でんぐり返し」です。「ライオンさん歩き」で前に進むイメージをつくり、「お芋コロコロ」で転がるイメージをつくったところで、いよいよ目標の「でんぐり返し」に挑戦です。

「でんぐり返し」がしやすいように、マットはゆるい下り坂になっています。これは、マットの下にはロイター板が隠してあるから。マットの上には、手をつくところに手のマークのテープが貼ってあります。

そして、蛭田先生が子どもたちに「でんぐり返し」の一番のポイントを伝えます。

そのポイントとは……。

マットに手をついたときに「おへそ」をみること。これが、「でんぐり返し」の最重要ポイントです。

さあ、準備は整いました。「でんぐり返し」に挑戦です!!

うまくできる子もおりますが、それは少数で、ほとんどの皆さんはあっちに転がり、こっちに転がり……。

まっすぐに転がるのは、けっこう難しいでしょう。まっすぐに転がるように、少しずつ練習を重ねてみてください。

というわけで、きょうは年少さんの「でんぐり返し」のもようをお伝えしました。

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP