2020.09.25

年長さん、「お泊まり保育ごっこ!!」

当初の予定では、きのうときょうの2日間、杉之子幼稚園の年長組は「お泊まり保育」を楽しむ予定でした。

ですが……。

諸々の事情を勘案して、今年度の「お泊まり保育」は、開催を見送ることとしました。毎年恒例の「お泊まり保育」。年長さんにとっては、「ドキドキ」でもあり、「ワクワク」でもあり、そしてちょっぴり不安でもある「お泊まり保育」。それらのさまざまな思いが交錯しながらのぞむ「お泊まり保育」では、年長組のお子さまたちの心に数えきれないくらい多くの想い出が深く刻み込まれるはずでした。

それが、できないなんて……。

「がっかり」したのは、お子さまたちだけではありません。スタッフ全員が「がっかり……」。もちろん、その思いは中止を決断した園長先生も同じです。

何とか、「お泊まり保育」に代わるイベントはできないものか……。年長組の先生たちが中心になって考えに考えを重ね、たどり着いたのが「お泊まり保育ごっこ」でした。

「お泊まり保育」では、年中さんや年少さんは「お休み」になりますが、「お泊まり保育ごっこ」は通常の保育中におこなわなければなりません。ですので、使えるお部屋は、年長さんのお部屋と「たんぽぽ組」さんのみとなります(「たんぽぽ組」さんは、「いちご組」に移動)。このように年長組さんのお部屋だけでさまざまなゲームをおこなうので、非常勤の先生たちも総出でお手伝いをしてくれました。

では、そろそろ皆さまを「お泊まり保育ごっこ」の会場にご案内してまいりましょう。「お泊まり保育ごっこ」のテーマは、「はじけるえがおで たのしさいっぱい めざせ!! すぎのこONEチーム」。このテーマの達成に向けて、各クラスの子どもたちは5~6人でチームをつくり、用意されたさまざまなゲームをクリアしていかなければなりません。

ゲームをクリアすると、その都度、ゲームマスターから「ONEチーム・バッジ」をもらうことができ、すべてのゲームをクリアすると、お楽しみの「デザート券」を手に入れることができます。

さあ、そのゲームとは……。順番にご紹介していきましょう。

まず最初にご紹介するのは、「ちからをあわせて くるりんぱ」です。

たくさんのカードが裏返しに置いてあって、それをめくって同じ絵柄を集めていくゲームです。トランプの「神経衰弱」と同じですね。

カードが揃って、思わず「やったー!!」と大よろこび。

こちらは、「みんなでつくろう!!すぎちゃんタワー」。

写真には写っていませんが、この子たちの前には、見本となる「プラカップ・タワー」が築かれていて、それと同じものをつくらなければなりません。

ちなみに、見本のタワーの最下段は7個のプラカップなのですが、このチームのタワーは……?

あれれ、ちょっと多いような気が……?

ホールでおこなわれていたのは、「おたまはこびリレー」です。

スタートは画面奥で、「にんじん」などのいろいろな食材を「おたま」を使って落とさないようにリレーしながら、画面の手前の方へ運びます。

手前の下には「お鍋」が置いてあって、すべての食材をそこに入れたら「ゴール」です。

緊張しすぎてかえってちからが入り、なかなかうまくいかないチームも……。「がまん」が試されるゲームでした。

このゲームは、かなり「難関」です。その名は、「みんなでつくろう おおきな「え」」です。

4つの大きなブロックがあって、それぞれの面には絵が描かれています。ひとつのブロックには6つの面がありますから、4つのブロックの面をそろえると、全部で6とおりの「え」が完成します。

その「え」を制限時間内に完成させなければなりません。このゲームは、どのチームも苦労していました。

こちらのゲームは、「まちがいさがし」です。先生が手に持っているのは、「問題集」。

ここから、子どもたちが問題を選びます。すると、2枚の写真が取り出されて、どこが違うかを探すんです。

写真に違いがあったり、写真に添えられている「ことば」に違いがあったりと「わな」も多数あって、簡単そうで簡単ではない内容になっています。

そしてこちらが「ひるたアイランド」です。この子たちの前には、ブロックが4本立っていて、それをボールで倒せばクリア。

こちらは、いわば「初級」。

もうひとつステージがあって、この子たちの前には「カゴ」が置かれています。その「カゴ」にボールが5個入ればクリアとなるのですが、これがまたなかなか入らない。まさに「上級」ステージ。

みてください、この子たちの「絶対にクリアしてみせる!!」という「熱い目」を……。

このゲームにかぎらず、みんなゲームにのぞむときはこんな感じの「熱い目」をしているんです。

この「熱い目」から、この子たちがどれだけ「お泊まり保育ごっこ」を楽しみにしていてくれたかが伝わってきます。

スタッフとしては、ほんとうにうれしいかぎりです。

最後は、こちら。「あみあみあみだでジャンプだポン!!」。

チームひとりひとりが「あみだ」の線に沿って進んでいきます。全員が間違いなく終点の「四角」にたどり着いて、みんなで手をつないでジャンプをしたら「ゴール」です。

無事にクリアしたみたいですね。おめでとう!!

全員がクリアして「ONEチーム・バッジ」が揃ったら、いよいよお楽しみの「デザート券」が配られます。

きょうの「デザート」は、先生たち特製の「フルーツ・ポンチ」。お弁当と一緒にいただきます。

一生懸命にがんばってゲームをクリアしたご褒美ですね。

みんなで力を合わせて集めた「ONEチーム・バッジ」。

「お泊まり保育」はできなかったけど、きょうの「お泊まり保育ごっこ」を通して、お友だち同士の「心」がいままで以上に深く通じ合ってくれたらうれしいです。

そして、杉之子幼稚園の想い出のひとつとして「心」に刻まれたなら、年長組の先生たちにとって、これ以上のよろこびはないと思います。

保護者の皆さま、きょうの「お泊まり保育ごっこ」の実施にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました。この場を借りて心より厚くお礼を申し上げます。

なお、きょうはフォトクリエイトさんからカメラマンが2名入って撮影してくれました。写真のできあがりを楽しみにしていてください。

以上、「お泊まり保育ごっこ」のもようをお伝えしました。

では、また来週お会いしましょう。

良い週末をお過ごしください。

by jimjim

PAGE TOP