2020.11.11

きょうは、年少さんの「体操指導」!!

きょうは、11月11日。「1」並びの日ですね。Jimjimなんて、デジタル時計の数字が気になってしまい、午前11時11分11秒になった瞬間、ひとりでコッソリ「おーっ!!」と思ってしまいました。

こんなことで喜ぶなんて、ちょっと恥ずかしい思いもあるのですが……。

11月も中旬に入りまして、気温の下降とともに落ち葉の数が日に日に増える中、子どもたちは毎日、元気に園庭あそびを楽しんでいます。さわやかな秋の風と澄んだ空に、子どもたちの笑顔が映えます。

園庭に子どもたちの声が響く中……。

「にじ組」さんは、生活発表会に向けて舞台を想定した練習をスタートさせていました。美穂先生が楽しそうに踊りながら子どもたちをリード。リラックスした雰囲気で練習は進められていました。

そして、ホールでは……。

水曜日なので、年少さんの「体操指導」がありました。

きょうのテーマは、「鉄棒」です。きょうは、前半が「りす組」さん「くま組」さん「うさぎ組」さん、後半が「ひよこ組」さんと「ぞう組」さんの指導でしたが、ここでは織り交ぜてのご紹介となります。ご了承ください。

さて、「鉄棒」をするときに一番気をつけなければいけないことは、いったい何でしょう?

それは……。

「鉄棒」から「手」を離さないことです。手を離したら、地面に落ちてけがをしてしまいますからね。

そうならないように、まずは手を離さない練習からスタートです。子どもたちが鉄棒につかまり、先生が子どもたちを引っ張ります。

「絶対に手をはなさないぞー!!」と、一生懸命に鉄棒をにぎる子どもたち。

そして、それを引っ張る先生たち。お互いにちからのこもった攻防が繰り広げられます。

こうして、鉄棒をしっかり握る練習をしたあとは、いよいよ「本題」に入ります。

きょうの「本題」は、「足抜きまわり」です。

両手で鉄棒にぶら下がったら、両足の裏を鉄棒にくっつけて……。

そのまま、両手の間に足を通して「グルン」とまわります。

先生たちのアシストもあって、意外とできる子が多いのですが、子どもたちをみていますと「なんか知らないうちにグルっとまわった……」、そんな感じの表情をするんです。

何が起こったのか、自分でもわかっていない感じ。

これがまた、年少さんらしくてかわいらしいんですよね。

ちなみに、「足抜きまわり」をしたあとの体勢から、逆に回ると「尻抜きまわり」になりますが、それは今後の課題ということで……。

何しろ、鉄棒で大切なのは「手を離さないこと」ですからね。

これをしっかり意識して、練習してください。

というわけで、きょうは年少さんの「体操指導」を主体にお送りしました。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP