2020.12.07

「生活発表会」の前日ですが……。

すっきりとした青空が広がって、気持ちのよい週明けを迎えました。でも、朝の冷え込みがだんだんと厳しくなってきましたね。

送迎バスの運転席には、デジタル時計と一体になった「温度計」があります。この「温度計」、真夏など平気で「45℃」とか表示するので、あまり頼りにならないのですが、一応、目安としては使えます。

その「温度計」が今朝は、5.3℃と表示していました。これから季節が進みますと、この温度計の表示がどんどん低い値を示すようになり、もっとも寒さが厳しい2月ころには、マイナスの気温を表示することもあります。

マイナス表示の気温だけをみますと、「そんなに寒くないだろう」と思うのですが、バスの通路にモップをかけますと、みるみる凍っていくんです。この温度計、みかけによらず、ときどきちゃんと仕事をするので、あなどれません。

さて、バスの温度計が5.3℃という低い値を表示した朝でしたが、子どもたちはいたって元気です。

ジャングルジムの子たちなんて、「はだし」ですよ。

「は・だ・し!!」。

元気ですよね。ちなみに、この子たちは、なぜジャングルジムに登っているのかといいますと、青空に浮かぶ「お月さま」をみていたんです。「お月さま」というと夜空に浮かぶ姿を想像しますから、青空の「お月さま」
が珍しかったのでしょうね。

園庭では、先生と一緒に「鬼ごっこ」や「ドロケイ」をする子たちの姿がみられ……、

お互いに声をかけあいながら全力で園庭を走り回ったり……、

お友だちと手をつないでなかよく走ったりしていました。

こうして走り回っていたら、寒さなんて感じませんね。

ところで、明日から「生活発表会」がはじまるわけですが、どのクラスも特に緊張した感じはなく、いつもどおりの和やかな空気が流れていました。

「ほし組」さんは明日が本番なのですが、みんなに笑顔がみられるくらいリラックスしたムードで、最終確認をしていました。

「ゆり組」さんは、本番までまだちょっと時間がありますので、念入りな「仕上げモード」へ……。

「にじ組」さんのお部屋の床には、謎の絵が置かれていました。

これが何を意味し、いつ、どのような形で登場するのかは、いまだ「謎」のベールに包まれていて、まるで「ナスカの地上絵」みたいです。

「ちゅうりっぷ組」さんも明日が本番ですが、こちらも園庭に机を並べて絵の具あそびなんかしちゃって、余裕すら漂う感じ。

絵の具で何をしていたかといいますと、お友だちがたくさん持ってきてくれた「松ぼっくり」に色をつけていたんです。

「筆」で塗ったり「指」で塗ったりと、色の付け方は自由自在。

きっと、お気に入りの「カラー松ぼっくり」ができあがったことでしょう。

さあ、気分転換も済んだところで、明日からいよいよ「生活発表会」がはじまります。

子どもたちのがんばる姿、楽しみにしていてください!!

というわけで、きょうの給食はこちらです。

茎わかめごはん
エビフライ
ポテトチキンロール
シャキシャキれんこん天
ほうれん草のソテー
みかん  327kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう!!

by jimjim

PAGE TOP