2020.12.18

時間は、ゆったりと流れ……。

強い寒気の影響で、北日本は記録的な大雪に見舞われています。たびたびお伝えしている園バスの「車内温度計」も、今朝はさらに記録を更新して「0.6℃」を表示していました。

エンジンがあたたまるにつれて車内では当然、ヒーターを使います。暖房が効いてくると、ヒーターの目盛りを「最強」にセット。しだいに車内の温度も上がってきます。温度計の数値が上がって「6.0℃」とか表示されると、まだ十分に寒いはずなのに、スタートが「0.6℃」のせいか、なんだか「あたたかくなった」ような錯覚を起こすから不思議です。からだが「寒さ」に慣れてきたのかもしれませんね。

さて、先週に「生活発表会」を終えてから2学期の最終段階に入った杉之子幼稚園は、クリスマスや年末年始に向けての時間をゆったりと楽しんでします。

「うさぎ組」さんのお部屋の前では、「生活発表会」の曲をかけて子どもたちが自主的に踊る姿が……。

さまざまなクラスが自分の好きな曲をかけて、踊りを披露しあっていました。もちろん、手前には「観客席」も用意されています。

その「観客席」では、お客さんも一緒になって踊っていました。

金曜日は、年中さんの「体操指導」の日です。きょうは、「ボール」を投げる練習がメインでした。

今週の火曜日には、年長さんの「ドッジボール大会」が開催されましたね。きょうの年中さんの体操指導では、まだ子どもたちがルールを理解していませんので、「ドッジボール」とまではいきませんでしたが、蛭田先生がつくってくれた「ドッジボール」らしい雰囲気の中で、「ボール投げ」の練習をしていました。

「ゆり組」さんでは、在庫たっぷりの「松ぼっくり」を使って、「クリスマスツリー」の製作をしていました。

さまざまな飾りつけで、「松ぼっくり」が「ミニ・クリスマスツリー」に早変わり。

とてもすてきな「ミニ・クリスマスツリー」でしょう。

保育後、幸代先生がこの「ミニ・クリスマスツリー」を職員室に持ってきたら、製作好きの絵美先生がまじまじとみながら「すごいかわいい!!」と絶賛していました。

年長さんは、お隣の「戸部公園」をお借りして「リレー大会」を開催していました。

最初は、女子のリレーです。

その女子の走者に熱い声援を送るのは……。

同じクラスの男子たち。

みてください。いいでしょう、このクラスの一体感。

応援している姿をみるだけでも、「運動会」や「生活発表会」を経験したことで、この子たちの心の中に「お互いを思いやる気持ち」が確実に育っていることがわかります。

その年長さんたちが「戸部公園」にお出かけしている間に……。

園庭は、年少さんたちの貸し切り状態になっていました。

大型遊具の「迷路ハウス」も、自分たちの使いたい放題&やりたい放題。

もう、みんなイキイキしちゃって最高に楽しそうでした。

以上、「きょうのすぎのこ」は、ゆったりと流れる時間の中でイキイキ・のびのびと過ごすお子さまたちの姿をご紹介しました。

では、また来週お会いしましょう。

良い週末をお過ごしください。

by jimjim

PAGE TOP