2020.12.24

「2学期」が終わりました。

12月も下旬に入り、今年も残すところあと1週間となりました。そろそろ、お会いする方々に「良いお年を」のごあいさつをする機会が増えてきましたね。

杉之子幼稚園の「2学期」の正課保育も、きょうが最終日となりました。半日保育なので、「朝の会」までの限られた時間ではありますが、子どもたちは園庭であそんだり、お部屋であそんだり……。

「ぞう組」さんでは、お子さまたちが「粘土あそび」に熱中。みんなで「うさぎさん」のかたちをつくっていました。

そのあと、園庭の子どもたちをみに行こうと玄関に足を運んだところで、今度は「ちゅうりっぷ組」のお嬢さまから声がかかりました。

「お部屋に来て!!」

そのお嬢さまについていくと、「ちゅうりっぷ組」さんのお部屋では、さまざまな色に塗られた「松ぼっくり」の置き物が売られていました。この置き物を買うには当然、お金を払う必要があるのですが、このお店では世の中のありとあらゆるお金が使えるそうで、テーブルには「どんなお金もつかえます」との告知がされていました。

しかも、おもしろいことに、置き物を購入した人は、お店に「サイン」を残していかないといけない決まりがあるんです。ですので、jimjimもしっかり「サイン」を残してきました。

そうこうしているうちに、各クラスでは「朝の会」がはじまりました。いつもですと、2学期の最終日は、全園児がホールに集まって「終業式」を開くのですが、今年はそういうわけにいきません。

今年は、各クラスで「朝の会」をしつつ、放送で流れる園長先生のお話を聴いて「終業式」に代えさせてもらいました。

そのあとは、クラスの自由時間です。

「ゆり組」さんでは、幸代先生が「アヤシイ人」の役を演じて、子どもたちを誘惑中。

「ねぇ、おいしいお菓子があるからさぁ、一緒に行こうよ」と、手慣れたそぶりで子どもたちを誘惑します。おっと、「手慣れた」という表現は、誤解を招きますね。「不自然な」くらいにしておきましょうか……。

何しろ、幸代先生の演技力は「アカデミー賞」ものです。ホンモノみたいなので、リアルさ満点です。

子どもたちも、いいお勉強になったのではないでしょうか。知らない人には、ついていってはいけませんよ。

こちらは、「ひよこ組」さん。真奈美先生が、子どもたちのカバンに持ち帰るものを入れてあげていました。

きょうは最終日なので、「お便り」など持ち帰るものがたくさんあります。

「忘れもの」があってはいけないので、「ひよこ組」さんにかぎらず、どのクラスも先生が確認しながら持ち帰るものを渡していました。

そういえば、きょうは「クリスマス・イヴ」です。「ゆき組」さんでは、恵美先生が弾く「あわてんぼうのサンタクロース」にあわせて、子どもたちが打楽器を演奏していました。

きのう「楽器」を出してきたので、ほとんど練習らしい練習はしていないはずなのですが、恵美先生との呼吸が合っていて、しっかりと「演奏会」になっていました。

こんどは、「ライブ」とかやっちゃうのかな?

最後は、ジャングルジムに集まった「ほし組」さんの写真です。

これ、ただの「集合写真」ではありませんよ。

「なにか」をイメージして撮ったんです。

さて、その「なにか」とは何でしょう……?

ヒントは、「クリスマス」です。おわかりになりましたか?

正解は……。

「クリスマス・ツリー」でした!!

上のほうがだんだんと細くなっていて、「クリスマス・ツリー」みたいでしょう。簡単なようにみえますが、このフォーメーションをつくるのに絵美先生、かなり苦労していました。

「ほし組」さん、がんばりましたね。

さあ、今夜は「クリスマス・イブ」。みなさんがあたたかなお布団の中で眠りにつく頃、サンタさんがやってきて、そうっとプレゼントを置いていってくれるはずです。

もしかしたら、夢の中でサンタさんと会えるかもしれませんよ。

今夜は、ぐっすりと眠りましょうね。

では、おやすみなさい。

by jimjim

PAGE TOP