2021.04.15

少しずつ、調子が出てきたかな?

きのうの夜の雷雨には、ちょっとびっくりしました。ちょうど幼稚園を出ようかな、と思ったところで、外がピカピカと光ったんです。誰かが照明のスイッチを入れたり切ったりしているのかと思ったら、「ドドドドーン!!」というものすごいカミナリさまの音がしました。

それと同時に「ザーッ」と叩きつけるような雨が降りはじめ、残念なことに帰宅するタイミングを逸したのでありました。

その雨のせいでしょうか。きょうは、どこか風が冷たく感じられました。それでも、ありがたいことに陽射しがあったので、朝から園庭は子どもたちの姿で大賑わい。

きょうは、久しぶりに「ハンモック」も登場です。お友だちと一緒に乗って、ユラユラと揺れながら、ちょっとしたスリルを楽しんでいました。

昨夜の雨はちょっと困りものでしたが、それでもその雨のおかげで園庭が適度に湿り、定番の「お砂あそび」や「泥あそび」には、ちょうどよいコンディションとなりました。

泥あそびが好きな子どもたちって、そういうのを敏感に察知するといいますか、見逃さないんですよね。

こちらの男の子は、熱心にお砂遊びを楽しんでいましたし、写真の右上にも泥あそびを楽しむお子さまの姿が写っています。

「泥あそび」は、これからがシーズン。保護者の皆さまは大変かもしれませんが、体操着の泥汚れは「勲章」だと思って「よくやった」とほめてあげてください。

こちらは、「ひまわり組」さん。和香先生の上手なりーどもあるのでしょう。「朝の会」のようすもすっかり落ち着いてきました。

年長さんでは、きのうに続いて、きょうは「つき組」さんと「にじ組」さんが「身体測定」をしました。

1年前と比べると、目に見えて体格がしっかりしてきたことがわかります。これからは、運動量も増えますし、そうなるとお腹も減りますから、食べるご飯の量も増えることでしょう。

たっぷり遊んで、たっぷり食べて、そしてたっぷり寝る……。いまのこの子たちには、この3つだけで十分なような気がします。

特に「たっぷり寝る」ことで朝の目覚めが良いと、一日が快適に過ごせます。寝不足ですと、幼稚園に来ても体調がすぐれなかったり不機嫌になったりと、あまりいい結果にはつながらないようです。

「たっぷり寝る」ことは、幼稚園生活を楽しむうえで、とても大切なことですから、できるだけはやく「夢の中」へと誘ってあげてください。

そのためには、お布団の中で絵本の読み聞かせをしてあげるといいかもしれませんね。

さて、登園3日目を迎えた新しいお友だちの皆さま。

きのうとは少し異なり、きょうはなんだかエンジンがかかってきたように感じました。

幼稚園の空気に慣れてきたのでしょうか。幼稚園に来るようになりますと、一日の生活のリズムが徐々に整ってきます。

朝は、ちゃんと起きないと幼稚園に間に合いませんからね。

先ほどの「よく寝る」にもつながるのですが、生活のリズムが整うと、お子さまの気持ちも安定してくるように感じます。

お子さまの気持ちが安定すれば、こうして自然とすてきな笑顔がこぼれるようになってきます。

そのような意味では、お子さまの笑顔こそが、一番の体調の「バロメーター」なのかもしれません。

いつでも最高の笑顔がみられるように、私たち大人がお子さまたちをしっかりとサポートしなければいけませんね。

どうか、明日もその笑顔で幼稚園にやって来てください。お待ちしていますから。

というわけで、お子さまの笑顔の陰には「ママ先生」の活躍があることを忘れてはいけません。きょうも大活躍の「ママ先生」たち。

きのうからは、jimjimが乗務するバス3号車にもお手伝いとして乗車してくださり、とても心強く感じています。

明日も、どうぞよろしくお願いいたします。

では、また明日お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP