2021.05.27

きょうは雨……。「静」の一日でした。

昨夜の「スーパームーン+皆既月食」は、みることができましたか?jimjimは、残念ながら見ることができませんでした。だって、お月さまは雲の向こうに隠れてしまっていたから……。

それでも、「見たい!!」と思っていた方は多かったようで、帰宅する途中、空を見上げている人をたくさん見かけました。

「皆既月食」はみることができませんでしたが、9時30分頃に再び空を見上げてみると、雲の向こうにおぼろげながらお月さまの姿があり、しかもちょうど半分かけていて、「半月」のかたちになっていました。これって、「月食」だけは、ちょっとだけ見ることができた、ということですかね。今回は、「これで十分」ということにしておきましょう。

さて、きょうは雨の一日でした。園庭は使えませんから、子どもたちはお部屋での生活となりました。

そのようすを少しずつご紹介してまいりましょう。

こちらは、「ひよこ組」さん。「自由画帳」と「クレヨン」を使ってみんなでお絵描きをしていました。

真奈美先生がひとりずつ声をかけると、うれしいやら照れくさいやら……。この素直なリアクションが最高です。

「うさぎ組」さんのお絵描きは、さらに規模を拡大して「模造紙」を使っていました。なかなかダイナミックです。

この「お絵描きチーム」のほかにも、「粘土チーム」と「ブロックチーム」があって、好きなチームに身を置いて楽しんでいました。

「りす組」さんは、「ひよこ組」さんと同じように「自由画帳」を使っていました。その名のとおり、描くテーマは自由画です。

「線」だったり「顔」だったり「お花」だったり、それぞれが描きたいものを、描きたい色で描いていました。

何を描いたのかは、お子さまに聞いてみてください。

「ゆり組」さんは、床一面に「カプラ積み木」を広げて、「カプラ大会」をしていました。

お部屋のあちこちに「力作」ができていましたが、中でもこちらは大作でした

jimjimが職員室で仕事をしていたら、「ゆり組」さんの子たちが扉の向こうからjimjimを呼んでいるんです。「どうしたの?」と尋ねてみると、「カプラがすごいことになっているから、とにかく来て!!」というのです。

この「とにかく」という表現に緊急性を強く感じたjimjimは、カメラをスタンバイして子どもたちと一緒に「ゆり組」さんへと向かいました。

すると……。

目の前に飛び込んできたのが、この作品でした。みんなでちからをあわせて一生懸命に作業を進めています。つい3か月前までは年少さんだったのに、もうこうしてお互いに「協力」することができるようになったんです。

この作品もすばらしかったのですが、それ以上にこどもたちの姿にすばらしさを感じました。

年長さんのフロアに行きましたら、「にじ組」さんが先日の「絵の具」の続きをしていました。

小さい丸に絵の具を塗るのは、子どもたちにとってはけっこう細かな作業だと思いますが、香菜子先生は、子どもたちを急がせるような言葉かけはけっしてせず、ひとりひとりのペースを大切にして、香菜子先生と子どもたちが一緒になって、じっくりと取り組んでいるのがとても印象的でした。

お隣の「ゆき組」さんも、里佳先生と子どもたちが一緒になって取り組んでいましたが、こちらは「絵の具」ではありません。

「ゆき組」さんがしていたのは、「なべなべそこぬけ」です。ゲームは、3人~4人のグループで進められていました。これ、一か所から内側に入っていって、オモテとウラが反対になるゲームなのですが、うまく進めないとお互いの手がこんがらがってしまいます。

みんな、うまくできたかな?

このチームは、うまくいったようです。かなり盛り上がっていて、最後は「全員でやろう!!」という声が上がり、みんなで輪になってトライしていました。

さて、結果は……?

お子さまに聞いてみてくださいね。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

きょうは、木曜日で「スペシャル・給食」の2段弁当でした。

タケノコごはん
鰆のみそマヨ焼き
木の葉しんじょ
大根の煮物
しゃきしゃき肉団子
枝豆・大学芋 391kcal

ごちそうさまでした。

そうそう、「静」だけでなく、「動」もありました。どうも、すみません(苦!!)。

ホールが「園庭」の代わりになっていました。明日は、園庭であそべるといいですね。

では、また明日お会いしましょう。

明日は、金曜日。おうちから「お弁当」を持ってくる日です。

by jimjim

PAGE TOP