2021.09.06

2学期が「1/3」だけはじまりました。

当初の予定ですと、杉之子幼稚園の夏休みは8月31日で終わり、9月1日からは2学期がはじまるはずでした。しかし、緊急事態宣言が9月12日まで延長されたことに伴い、夏休みを延期して、2学期の開始をきょうに変更したんです。

そのようなわけで、きょうはおよそ1か月半ぶりにお子さまたちが幼稚園にやってきました。Jimjimも、久しぶりに送迎バスに乗務いたしまして、お子さまたちをお迎えに……。

送迎バスは夏休みの間、まったく運行していませんでしたが、週に一度はエンジンをかけていましたので、快調そのものでした。ただ、きょうに備えて先週のうちに洗車をしたかったのですが、あいにくの雨続きで洗車ができず、その点だけが心残りでした。

週に一度のエンジンチェックは、夏休み中の非常に重要な作業でありまして、これを怠るとどうなるかといいますと……。

2学期の初日に「エンジンがかからない」ということが起こるんです。バッテリーがあがってしまうんですね。過去に、これで大変な思いをしたことがありまして、それ以来、夏休み中は必ずバスの「エンジンチェック」をするようになりました。一応、2学期の初日を迎える前には、各コースを試走しまして、道路工事の状況などを確認してまわります。

こうして、きょうは準備万端、無事にアンパンマンバスを動かし、お子さまたちをお迎えにあがることができました。

久しぶりの幼稚園ということで、すこしでも早くお部屋に向かいたいところですが、まずはこちら。

手指の消毒です。北陸の金沢のほうでは、「弁当忘れても傘わすれるな」という言葉がありますが、いまや「消毒」も忘れないようにしないといけません。

お部屋に荷物を置いたら、次から次へと園庭に出てくるお子さまたち。特に、年中さんや年長さんが元気に飛び出してきました。

目に入ってくるのは、いつもの杉之子幼稚園の風景です。

そうそう、コレコレ。

先生と子どもたちが、園庭を隅から隅まで走り回るすがたを目にしますと、「あぁ、この光景が帰ってきた!!」と感じずにはいられません。

最初は「つき組」さんのメンバーではじまった「ドロケイ」でしたが、少しずつ他のクラスのメンバーも加わっていきました。

「仲間に入れて」。

「いいよ」。

そう言葉を交わす子どもたちの間には、クラスを超えた信頼関係を感じました。

朝の園庭あそびが終わったところで、「始業式」がはじまりました。

「始業式」といいましても、ホールに集まるわけではなく、園長先生のお話しを「放送」で聞くかたちでおこないました。

それにしても、クラスの人数が少ないと思いませんか?

それは、「分散登園」を実施しているからです。

クラスの人数を減らすための「分散登園」。

だから、タイトルに「1/3」って書いてあるんです。

会いたいお友だち、一緒にあそびたいお友だちもいることでしょう。本来なら、2学期のスタートと同時に、そのお友だちと楽しい時間を過ごすことができたはずなのですが、今年はそのようにできませんでした。

もう少しだけ、時間をください。それまでの間、先生たちがあなたたちをしっかりサポートしますから。

みんなが集える日までのちょっとだけのがまん。

先生と一緒に乗り越えましょう。

by jimjim



PAGE TOP