2021.11.15

「七五三」のお参りをしました。

11月も中旬に入り、朝晩の冷え込みが厳しく感じられるようになってきました。きょうの朝、バスの車内に設置してある「なんちゃってデジタル温度計」をみましたら、車内の温度は、10℃を下回って9.5℃でした。

「おぉ、10℃を切ってる……」。

車内の冷え込みを肌で感じながら、そんなことを思っていると、そこに添乗の上口先生が登場しました。

「おはようございます!!」

いつものように元気な挨拶をしてくれる上口先生の装いをみますと、上口先生が身にまとっているのは、なんと半袖Tシャツではありませんか。

「先生、半袖ですか!!」と、驚きの声をあげるjimjimに対して返ってきた言葉は、「きょうの日中は、21℃の予想でしたよ」とのこと。

「いやいや、それは日中の話で、いまはまだ朝ですから……」という言葉を返しますと、「もうすぐ日中ですから」と余裕のお返事。おそらく、上口先生の体内では仕事への情熱が熱く煮えたぎっているのでしょう。それが、上口先生のからだをヒートアップさせている主たる要因なのだと思います。

すばらしい、上口先生。Jimjimも、その姿勢を見習わせていただきます。

でも、やっぱり長袖がいいな……。

さて、新しい週がはじまりました。今月下旬には生活発表会の「リハーサル」が控えていることもあって、各クラスは練習に熱が入ってきました。

ホール練習は、各クラスで割り当てが決まっているので、それ以外はお部屋での練習となります。年少さんも、自分の立ち位置から別の場所に移動する練習に入りました。お子さまにとっては、曲のどの部分で移動するのかを把握するのが、ちょっと難しく感じるかもしれません。でも、先生がしっかりサポートしてくれますから大丈夫ですよ。

年長「にじ組」さんは、台本の読み合せをしていました。

自分のセリフの順番は、つけめてきましたか?

ホール練習を見学に行きましたら、「ゆり組」さんがステージにあがっていました。練習の合間に集まった女の子たちをパチリ。

そして、きょうのメインテーマは、こちら。「七五三」のお参りです。お参りは、年少さん、年長さん、年中さんの順番でした。ここでは、順不同になっていますので、ご了承ください。

Jimjimは、お参りに行くために園庭に集まった年少さんに声をかけてみました。

「ねぇ、これからどこにいくの?」と問いかけましたら……。

「にんじゃ~、すじやまにんじゃだよ」

「何をしにいくのかなぁ」

「あめもらう~」

たまりませんね、もうイチコロです。このかわいらしさを、宝箱にでも入れて永遠にとっておきたいくらいです。

園を出発したら、幼稚園の駐車場の前を通って「杉山神社」へ。途中の横断歩道では、ちゃんと手をあげてわたります。

ところで……。

なぜ、横断歩道では「手をあげる」のでしょう。

それは、お子さまはからだが小さくて車から見えにくいので、手をあげて大きく見せるためなんです。これは、ご存知の方も多いと思います。

では、右手と左手のどちらを上げたらいいのか、ご存知でしょうか。これは、「左手」といわれています。

日本は、道路の左側を車が走りますので、横断歩道に立ちますと、一歩目は右側から車が来ることになります。このとき右手を上げると、右側が「死角」になりやすいので、左手を上げたほうが良いといわれているようです。

まあ、右手でも左手でも、要はしっかり左右を確認することが大切であることを忘れてはいけません。

こうして、杉山神社の境内に到着したら、先生がお参りの作法を教えてくれます。作法には、いくつかあるそうですが、ここではいわゆる「二礼二拍手一礼」を用いています。

先生たちがお賽銭を持ってお参りすると、お子さまたちも一緒に手を合わせました。

みんながすくすくと育ちますように……。

先生たちのお願いは、しっかり神様に届いたことでしょう。

そして、七五三といえば「千歳飴」。きょうは、以前から製作をしてきた袋に先生たちが「千歳飴」を入れてくれました。

ご覧のとおり、「千歳飴」の袋は、お子さまそれぞれ仕上がりが異なっていて、とても個性的です。お子さまたちの力作ですので、できれば大切に扱っていただけたらと思います。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

ごはん
豚肉の甘辛炒め
さつま芋の天ぷら
茄子の煮浸し
コーンのつまみ揚げ
白桃缶  378kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP