2021.11.16

隠れた「スイッチ」を探しつつ……。

先日、年長さんの男の子がある先生に「でんしゃ」についていくつかの質問をしました。その先生は、「でんしゃ」についてあまり詳しくなかったことから、その質問を家に持って帰ったところ、ご主人がその質問についての丁寧な回答書をつくってくれて、jimjimもみせてもらいました。

どのような質問があったかといいますと……。
①地下鉄は、なぜトンネルばかりを通るの?
②新幹線は、なぜ上を走るの?
③なぜ、道路と線路を走る電車があるの?
④なぜモノレールには、「跨座式」と「懸垂式」があるの?
⑤なぜ、沖縄は電車がちょっとしか走らないの?
⑥なぜ、パンタグラフがある地下鉄とない地下鉄があるの?
⑦なぜ、リニア中央新幹線は、時速が速いの?
という質問が並び、回答書では、質問のひとつひとつに対する説明が、男の子にわかりやすいようにひらがなでていねいに書かれていました。

実は、質問は上記の7つだけではなく、8番目の質問として非常に興味ぶかい内容のものがありましたので、ご紹介させていただきます。
⑧なぜ、ロープウェイは「でんしゃ」というの?
というものです。

「えっ?」と思いませんか?

「ロープウェイは、電車なのですか?」と、この質問を読んでjimjimも質問したいくらいでした。回答書には、こう書いてあります。

「ハンドルがなくても、ちゃんと向きを変えて走る地上の乗り物は、みんな電車の仲間です。ロープウェイも、ハンドルがないのにちゃんと向きを変えながら進みますね。国土交通省令には、スキー場のリフトも電車の仲間って書いてあるんだよ」。

「へぇぇぇぇ~」。

ひと昔前に「へぇ」の数を競うテレビ番組がありましたが、その路線で言うと「500へぇ」に到達するくらい、jimjimはただただ驚くばかりでした。

今回のことは、子どもたちのちょっとした疑問から大人の視野が広がる好例のように思いました。子どもたちの疑問には、ていねいに応えてあげることが大切ですね。それが、自分自身のためにもなるということなのではないでしょうか。

では、「きょうのすぎのこ」をご紹介してまいりましょう。きょうは、火曜日で年長さんの「体操指導」がありました。きょうの体操指導は、戸部グラウンドを借りての「スポーツテスト」でした。

「スポーツテスト」の内容は、先日ご紹介した年中さんのものと変わりません。「25m走」のタイム計測と「ボール投げ」の飛距離の測定です。

内容が同じだけに、年中さんとの体力の差が明瞭にわかります。当然のことですが、25m走では圧倒的に年長さんのほうが速いです。

「ボール投げ」におきましても、びっくりするくらいの飛距離をたたき出す子がいます。年中さんでも飛ばす子とそうでない子はいますが、年長さんになりますと、その差がより顕著になるように感じます。

きょうのスポーツテストをみて、1年間の成長って、思っている以上に大きいことを実感しました。

お部屋では、「生活発表会」の練習が進行中です。年少さんと年中さんが発表する「リズム」では、振付をお子さまたちに覚えてもらうわけですが、これがなかなか簡単なことではありません。

ですが、先生たちはいっさい厳しい口調になることはなく、お子さまたちを褒めながら、先生たちもいっしょにダンスを楽しんでいます。

「たんぽぽ組」さんでは、「真純システム」が好調に機能しており、振付も真純先生が押し付けるのではなく、「こうしてみたいの?じゃ、それでやってみようか」と、お子さまたちの意見を取り入れながら、いっしょになって振付を組み立てていました。

2階のホールでは、「りす組」さんが練習中でした。

はじめてのステージに、最初はちょっと戸惑い気味でしたが、もう1曲のグループが「お客さん」になってくれたら、なんだか急にエンジンがかかったみたいで、「初日」とは思えないステージを展開してくれました。

絵美先生も、これにはビックリ。お子さまの「やる気スイッチ」は、どこに隠れているかわかりません。

でも、この「スイッチ」を探すのが、また楽しいんですよね。まだまだ、たくさんの「スイッチ」が隠れていそうですから、がんばって探していきたいと思います。

というわけで、きょうの給食はこちらです。

赤かぶ青菜ふりかけごはん
さばのみそ焼き
春巻き
さくらシュウマイ
きんぴら蓮根
りんご  334kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう。

明日は、半日保育です。

by jimjim

PAGE TOP