2022.04.26

「親子遠足」にお出かけしましたが……。

きょうは、「ぱーくdeあそぼう=親子遠足」でみなとみらい地区の「臨港パーク」にお出かけしました。親子遠足は、実に3年ぶりとなります。

去年も一昨年も、遠足の実施時期が「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」と重なったため、見送りになったんです。ですから、一昨年に2年保育で入園したお子さまは、親子遠足を楽しめないまま卒園を迎えたことになります。そのお子さまたちには、いまでも残念な思いをさせてしまったと思っています。

そんな過去がありましたので、何とか楽しい想い出をつくりたいと思って臨んだきょうの「ぱーくdeあそぼう」でしたが、結果から申し上げますと、雨に降られて「途中解散」となってしまいました。

きょうのお天気については、1週間前の予報から流動的で、「雨」の予報が「くもり」に変わったり、「くもり」の予報に傘マークがついたり、一時的には「晴れ」の予報まで出るといった「変幻自在予報」で、非常の悩ましい毎日が続きました。

結局、きょうの朝に実施を決めたわけですが、それが裏目に出てしまい、皆さまに残念な思いをさせてしまったと自責の念に駆られています。

年長組と年少組は、用意したプログラムのほとんどを消化できたのですが、年中組はプログラムの半ばで雨が降りはじめ、そこで「打ち切り」となってしまいました。

保護者の皆さまの心の中には、「消化不良」といいますか「不完全燃焼」といいますか、モヤモヤとしたスッキリしないものが残ってしまったことと思います。申し訳ありませんでした。

ここで「ぱーくdeあそぼう」の流れをご紹介しますと、「ぱーくdeあそぼう」は、学年で集合時間が異なり、どの学年も集合のあとに記念撮影をして、そこからクラスの活動になります。

最初のメニューは、「朝の会」です。きょうの「朝の会」は、保護者の皆さまと一緒に並んだり輪になったりして、教室とは違った雰囲気でおこなわれました。

その流れで、ウォーミングアップを兼ねて「うさぎと檻」のおあそびをしました。

「朝の会」が終わると、お楽しみの「レクタイム」です。年長組のレクは、「ピヨピヨちゃん」「新聞紙ジャンケン」「ららら雑巾」のラインナップ。

レクでは、親子がペアになったり、お子さまチーム対保護者チームになったりと、さまざまなあそび方で盛り上がりをみせていました。

その後、トイレ休憩をはさんで、広い公園をフルに使った「スタンプラリー」をしました。

公園の「ヒミツの場所」に身を潜めた先生を探し出してスタンプを押してもらいます。

「あそこに〇〇先生がいた!!」と、お互いに情報交換をしながら公園の隅々まで走り回るお子さまと保護者の皆さま。

そう、「親子セット」であることがスタンプを押してもらう条件なのです。

年少組のメニューも多彩です。「担任クイズ」「あくしゅdeこんにちは」「ピヨピヨちゃん」「新聞紙ジャンケン」と続き、最後は「バスにのって」です。

年中組は、「新聞紙ジャンケン」「〇×ゲーム」をしてメインメニューの「ぱーくdeさがそう」の説明に入るところで、無念の降雨……。ほとんど写真を撮ることができませんでした。ごめんなさい。

残念な思いが残る今年の「ぱーくdeあそぼう」ではありましたが、それでもお子さまたちにとりましては保護者の方と一緒ということで、ふだん幼稚園でみせてくれるお顔とは違った表情をたくさんみせてくれました。

それは「のびのび」だったり「イキイキ」だったり、ちょっと「甘えん坊」だったり……。

お子さまのお友だちを通じて、保護者の皆さまのつながりも深まってくれたなら、スタッフとしてこれに勝るよろこびはありません。

保護者の皆さま、本日は「ぱーくdeあそぼう」にご協力をいただき誠にありがとうございました。結果的に「降雨解散」という残念な終わりかたになってしまいましたが、皆さまが参加してくださったことに心から感謝しております。ほんとうにありがとうございました。

また明日も、元気に登園してきてください。

お待ちしています。

By jimjim

PAGE TOP