2022.04.27

きょうは、かしわ餅!!

きょうは、お天気が悪かったので朝の園庭あそびができず、お部屋での活動となりました。「ほし組」さんのお部屋に伺いますと、なかよしの女の子3人組が楽しそうに「おままごと」をしていました。

ここで注目したいのは、見た目で強烈なインパクトを与えてくれる鮮やかな赤の「テーブルクロス」です。このたった一枚の「テーブルクロス」を「おままごと」のアイテムとして取り入れるだけで、雰囲気がまったく異なってくることがわかります。女の子たちの表情も、どこかイキイキとしていて、しっかりとあそび込んでいるように思えるのは、jimjimだけでしょうか。

こうした「ひと工夫」ができるようになると、あそびがどんどん発展していきますね。さすがは、年長さんです。

こちらは、お隣の「ゆき組」さんの「朝の会」のようすです。「ゆき組」さんは、絵美先生のピアノにあわせて、みんなで「うた」をうたっていました。

その「うた」は……。

「こいのぼり」と「春が来た」です。どちらも、「季節のうた」として年長組の先生が課題曲に選んだのでしょう。とても、すてきな歌声が響いていました。

ところで、きのうは、やや(?)「消化不良」気味の親子遠足のもようをお伝えしました。雨のため「途中コールド」となってしまった「親子遠足=ぱーくdeあそぼう」でしたが、きょうの朝のバスの中では、「すごく楽しかった」というお子さまたちの声を聞くことができ、とても救われた気持ちになりました。

ただ、やはり気になるのは、年中組のプログラムが完遂できなかったこと……。でも、「できなかったこと」を、そのままにしないのが杉之子幼稚園の先生たちです。「子どもたちのために何とかしてあげたい」という思いから、きょうは年中組であらたな「プロジェクト」が進みはじめていました。その名も「ぱーくdeさがそう」をあらため、「すぎのこdeさがそう」です。

これは、杉之子幼稚園に関することが問題になっていて、たとえば「クライミング・ZOOは、4匹の動物でできている」という問題が書かれているとしますと、実際にその場所に行き、正しければ〇、間違っていれば×をするという内容です。

さあ、いったいどのような問題が出題されるのでしょう。ゲーム開始は、明日以降になるようですから、年中組のお子さまたち、楽しみにしていてください。

そして、ここからはきょうのメインテーマに入ります。きょうは、5月の「端午の節句」にあわせて、お子さまたちに毎年恒例となる「かしわ餅」が振る舞われました。

「さくら餅」には桜の葉が巻いてありますように、「かしわ餅」には、柏の葉が巻いてあります。ここで疑問ですが、いったいどちらのお餅が先に葉をまいたのでしょうか。

もし、先に「かしわ餅」ができたとしたら、柏の葉の味に「二度とお餅に葉を巻くのはやめよう」と思ったかもしれません。

逆に「さくら餅」が先にできたとしたら、「うーむ、この味はいける。かしわ餅でもやってみよう」となったかもしれませんが、真相はいかに……。

ただ、食べられないからといって柏の葉をポイしてしまうのももったいないということで、「つき組」さんの恵美先生は、穴をあけて「お面」をつくっていました。

コレ、意外と子どもたちに大ウケでした。

杉之子幼稚園に「さくら餅」や「かしわ餅」などを納めてくださるのは、西区役所のすぐ向かいにある「喜月堂」さんで、できたてのお餅を納めてくれます。

「できたて」のお餅って、ほんとうにおいしいんです。何と言いましても、お餅の「なめらかさ」が全然違います。

キメが細かくて、しっとりなめらか……。

おいしい「かしわ餅」をいただいて、お子さまたちもこの笑顔です。お子さまたちって、ホント正直ですね。

「喜月堂」さん、きょうはおいしい「かしわ餅」をごちそうになり、ありがとうございました。

というわけで、きょうは「かしわ餅de笑顔(そのまんま!!)」をご紹介しました。

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP