2022.06.08

この「製作」が気になるぞ……。

きのう、横浜スタジアムの照明のことを少し書きました。その前には、「横浜開港記念バザー」が横浜スタジアムの前身の「平和球場」の周りで開かれていたことにも触れました。

「照明」+「平和球場」で思い出したのですが、この平和球場は、たしか日本で最初にナイター設備が整った球場だったように思います。こう書きますと、なんだかすごい球場のように思えますよね。確かに建設された当初はそうだったのかもしれませんが、jimjimが知っている平和球場は、ものすごいオンボロ球場でした。

平和球場は、Jimjimが小学生の頃はまだ「現役」で、1年に1回、春先にプロ野球のオープン戦が開催され、何回か観戦しに行ったことがあります。入場券は、「内野席」とか「外野席」にわかれていたのかもしれませんが、jimjimが記憶しているのは、たとえ外野席だったとしても、容易に内野席へ移動することができたことです。レフトとライトのポール際が内野と外野の境界なのですが、ここが簡単に通れちゃうんです。つまり、球場内は、「全席自由」みたいなもの。当時は、警備員さんなんかもいなくて、今と比べれば「のどかな時代」だったように思います。

横浜には、いろいろな「日本で最初」がありますが、野球場のナイター設備もそのひとつだった……、ような気がしたのでご紹介してみました。詳細は、お調べいただければと思います。

では、「きょうのすぎのこ」をご紹介いたしましょう。きょうは、半日保育の水曜日でした。あまりお天気も良くなかったので、どのクラスもお部屋での活動が主体でした。

「ちゅうりっぷ組」さんは、みんなで輪になって、なんだか楽しそうです。何をしているのかといいますと、亜友莉先生と一緒に「なんでもバスケット」の真最中でした。亜友莉先生もお子さまたちも、みんな笑顔がいっぱい。とても、いい雰囲気でした。

年長さんは、「製作」が進行中。「にじ組」さんは、「かたちあそび」の続きです。

集中、集中、また集中……。

「ほし組」さんの製作は、「いつもありがとう」の絵。

こちらも集中、集中、また集中……。

年長さんになりますと、集中している姿がキマッてみえます。なかなか、カッコイイぞ。

そして、こちらは年少さん。きょうは、「体操指導」の日でした。きょうは、前半が「ひよこ組」さんと「うさぎ組」さん、後半が「くま組」さんと「りす組」さんの組み合わせで、それぞれ約30分の指導でした。

蛭田先生が用意したきょうのメニューは、「ボール」です。「ボール」というと「投げる」ことをイメージしますが、きょうは投げることはなく、ボールを使った「ゲーム」を楽しんでみました。

どのような「ゲーム」かといいますと……。

ボールを前から後ろのお友だちへと渡すゲームです。最初は、ふつうに振り返ってボールを渡します。このとき注意しなければならないのは、ボールを落とさないようにすること。

これは、まだ簡単なのですが、少しずつ難易度は上がって、次は頭の上からボールをうしろへと回します。こうなると、もうボールはポロポロとあっちに転がりこっちに転がり……。

最後の股の下を使って後ろに渡すという「最高難度」の大技に至っては、「落とさないようにするんだよ~」という蛭田先生の声も及ばず、床をコロコロと転がす方式に、お子さまたちが自主的に変更。

それでも許されちゃうのが、年少さんなのであります。

後半は、ボールを持って前方のブロックをまわって戻ってくるという内容にチャレンジ。これも、わざわざお隣のブロックに「遠征」したり、なかなか戻って来なかったりとハプニング続出。

きょうの年少さんの体操指導も、「見どころ満載」でございました。

最後は、こちら。年中の「たんぽぽ組」さんです。お部屋にいきましたら、何やら興味深い製作をしているではありませんか。和香先生からいただいたのは、「ちょうど、終わったところです」という、何とも残念なコメント。

うーむ。これは、また改めて調査をさせていただきたいと思います。

ちょっと気になる「たんぽぽ組」さんの製作なのでありました。

ところで、明日のこのコーナーは……。

明日の午後は、バディー車を返しに行き、その足で修理が完了したアンパンマンバス2号車を受け取ってきます。園に戻ってから、再び外出の予定がありまして、どうもこのコーナーを「お休み」せざるを得ないような予感がしています。

誠に申し訳ありませんが、「お休み」になった際は、どうかご容赦ください。

By jimjim

PAGE TOP