2022.06.16

きょうは、「のびのび」したり「製作」したり……。

このまえ、大岡川のクロダイのお話しをしました。そのときに、もうひとつ意外なことがあったんです。

それは、何かといいますと……。

Jimjimがクロダイの群れに夢中になっていますと、下流の方から何やら「座布団」のような四角いものが流れてきて、クロダイの群れに合流しました。「川の流れに乗っているにしては、スピードが速いなぁ」と思いながらよく見てみますと、なんと「エイ」でした。

このエイは、おそらく「アカエイ」と呼ばれる種類で、このエイも防波堤などではよくみられますが、まさかこんな川の上流まで泳いでくるとは、びっくりでした。ちなみに、この「アカエイ」の尾びれには「毒」の突起がありますので、非常に危険です。浅瀬にいたら、近寄らないようにしましょうね。

では、「きょうのすぎのこ」をお伝えしてまいりましょう。きょうは、外あそびを楽しんだり製作をしたりと、各クラス思い思いに過ごしていました。

まずは、「外あそびチーム」のようすをご紹介しますと、園庭を元気よく走り回っていたのは「にじ組」さんと「つき組」さん。「ドロケイ」や「鬼ごっこ」をしていたようです。

お砂場や遊具には、「たんぽぽ組」さんと「ひまわり組」さんのお子さまたちの姿がありました。

お砂場は、きのうの雨でドロドロのグチャグチャ。これを見逃してなるかと、お砂場には「泥フリーク」のお子さまたちが集って、「泥」の感触を楽しんでいました。

一方では、雨で水分が増し、固まりやすくなった「山砂」を使って、さまざまな作品をつくるお子さまたちの姿も……。

何人かのお子さまたちが、Jimjimに「渾身の逸品」をみせてくれました。

この作品も、おもしろいでしょう。うまい具合に真ん中を空洞にしていて、「ドーナツ」にしたのだそうです。この大きさの「ドーナツ」ってなかなか無いですから、ほんとうにあったらいいなと思いました。

この「ジャンボ・ドーナツ」に、思いっきり「ガブッ」ってしてみたいです。

お部屋の中をみますと、年少の「ひよこ組」さんは「フリータイム」のようで、お部屋がいい感じに散らかっています。Jimjimは、この散らかり具合が意外と好きなんです。何といいますか、「子どもたちが安心して自由気ままに、好き勝手にのびのびとあそんでいる……」、そんな感じがするんです。

一見すると、お友だち同士がまとまってあそんでいるようにみえますが、実はひとりひとりが別々のおあそびをしていたりするところが、また年少さんらしくておもしろいんです。

「あぁ、年少さんてかわいいなぁ」。

みているJimjimのほうが、居心地がよくなってしまうくらいです。

お隣の「くま組」さんは、凜桜先生が「謎の製作」をスタートさせました。

きょうの段階では、いったい何をつくっているのか、さっぱりわかりません。答えを聞いては面白くないので、もう少し静観してみます。

こちらは、順番待ちのお子さまたち。粘土やお絵かきをしながら、ちゃんと順番待ちができていました。

外あそびに出なかった「ゆき組」さんは、お子さまたちが「あいうえおひょう」とにらめっこ。

「あいうえおひょう」を使うということは、文字を書くということです。

何のために文字を書くのかといいますと……。

七夕の短冊でした。先日は、「ほし組」さんも書いていましたね。

七夕といえば、「短冊」だけでなく、さまざまな「お飾り」もあったような……。

それは、もしかするとこれからの課題なのかもしれません。

というわけで、いつもならここでお決まりの「給食」の写真が登場するはずなのですが、きょうは申し訳ないことに「給食」の写真が撮れませんでした。

お昼に来客がありまして、モタモタしていたら回収の時刻に……。

どうか、お許しください。

では、また明日お会いしましょう。

明日は、年少の「うさぎ組」さんと「りす組」さんが「スイミング」にお出かけです。

by jimjim

PAGE TOP