2022.08.30

きょうは、「園庭」よりも「園舎」かな……?

きょうも、涼しい一日でした。とても過ごしやすい陽気でしたね。

ですが……。

杉之子幼稚園には鉄をも溶かすような熱い男子たちがおりまして、きょうも「朝の会」の前には「杉之子野球軍」が練習に励んでいました。野球といえば、首位YSと4.0ゲーム差でのぞんだ先日の直接対決……。「4.0ゲーム差」というのが何とも微妙なところでありまして、YBが3連勝すれば首位と1.0ゲーム差まで縮まり、「いよいよか!!」となるのですが、3連敗しますと7.0ゲーム差まで広がって「う~む……」となりかねない、まさに「天王山」でありました。

結果は……。

皆さまご存知と思いますので、ここでは申し上げませんが、まだまだ終わったわけではありません。むしろ、ここからが正念場。園庭では、「もわ~ん」とした7.0ゲーム差の空気を吹き飛ばすくらいの勢いで、熱い男子たちがバットを振っていたのでありました。

きょうは、涼しかったとはいえ、園庭であそぶお子さまの数は少な目で……、

「朝の会」が終わった後の園庭あそびも、どこか閑散とした雰囲気でした。

その一方で、にぎわっていたのが園舎内でありまして、「ちゅうりっぷ組」さんのお部屋では、優希先生とお子さまたちが「郵便あそび」をしていました。

写真の左隅にかろうじて写っている赤い箱が「郵便ポスト」で、男の子が中にある郵便物をチェックしています。お子さまたちは、ハガキにいろいろと書いて、この「郵便ポスト」に投函するわけですが、果たして誰が配達をしてくれるのか……。

そこは、まだ「謎」に包まれています。

にぎやかな園舎内でも、特ににぎやかだったのが、こちらの2階の「ホール」でした。

きょうもホールには先生たちがさまざまな遊具をセットしてくれて、先日ご紹介したような「アスレチック」ができあがっていました。

実は、「園庭あそび」も「お部屋あそび」も「ホールあそび」も、すべて同時進行で開催されています。

お子さまたちは、「ホールが飽きたらお部屋へ」、「お部屋が飽きたら園庭へ」と、花から花へといそがしく飛び回る蝶々のように、あちらこちらへと移動していました。

そして、きょうは「かき氷」が最終日を迎えました。「かき氷」は、夏休みに入ってから、猛暑ということもあってほぼ毎日のようにお子さまたちにふるまわれ、それに伴って、7月に一括発注した氷の在庫は、少しずつ減少していきました。

その氷が、ちょうどきょうの分をもってきれいに底をつきました。毎日、使う量を計算したり調整したりしていたわけでもないのにぴったり無くなって、ちょっとびっくり。

「メロン」「いちご」「ブルーハワイ」「レモン」のシロップも、ほとんどが使い切りとなりました。

「かき氷」の終わりとともに、夏休みも終わろうとしています。

明日は、夏休みの最終日。

夏休み最後の「ヨコハマキッズ」を楽しんでください。

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP