2022.09.28

年長さん、「仕上げ」はいかに……?

一日、また一日と「すぎりんぴっく」が近づいてきています。気になる当日の天気予報は、幸いなことに「晴れマーク」がビタッ!!と表示されています。先ほども確認しましたら、やはり「晴れマーク」でちょっと安心……。

ところが、妙なことに気がつきました。それは、10月3日(月)に関する横浜の天気予報です。A社の予報は「晴れ」で、しかも信頼度は「A」なのですが、B社の予報は「くもりのち雨」で降水確率70%なんです。10月3日の予報に関しては、A社とB社ではっきりと予報が別れました。このようなことはあまり記憶にないのですが、もしかすると日本の南でウロウロしている台風や熱帯低気圧が関係しているのかもしれません。

果たして10月3日(月)のお天気はいかに……。覚えていたら、気にしてみてください。

さて、きょうは半日保育の水曜日でした。「すぎりんぴっく」が近いとはいえ、毎日、練習ばかりですとお子さまたちも飽きてしまいますので、年少さんや年中さんは、ちょっと目先を変えた半日保育になりました。

まずは、たっぷりの園庭あそび。「迷路ハウス」や「ツリーハウス」はもちろん、砂遊びや泥あそびも活発で、思う存分にあそびを楽しんでいました。

「たんぽぽ組」さんはどうしているのかとお部屋にいきましたら、誰もいません。「あれ?どうしたのかしら……」と思いながらホールの前を通過しますと、ステージのうえで「朝の会」をしていました。このあとは、貸し切り状態のホールでたっぷりとあそび込んでいました。

ちなみに、「たんぽぽ組」さんの向こうでお並びをしているのは「くま組」さん。「すぎりんぴっく」に向けて、お並びの練習だけは欠かさないようです。

こちらは、「りす組」さん。何をしているかといいますと……。

「はさみ」の練習でした。小さな手に「はさみ」を持ってチョキチョキする姿もかわいらしいのですが、それ以上にかわいらしいのは、その真剣な表情です。

誰も言葉を発することなく、ひたすら集中して練習を進めています。

陽先生がひとりひとりに目配りと気配りをしながら、「こうするといいよ」とやさしくフォローしてあげていました。

こうして、「すぎりんぴっく」から完全に離れて、お子さまたちの気分転換に重点を置くのも大切なことなのでしょうね。

そして、「気分転換」ではなく、「すぎりんぴっく」に向けて最後の「仕上げ」にのぞんでいる学年がありました。そう、年長さんです。最高学年であるとともに最後の「すぎりんぴっく」になるわけですから、そこには「妥協」という言葉はふさわしくありません。

きょうも、半日保育という限られた時間の中で、戸部公園に移動して「組体操」「パラバルーン」「クラス対抗リレー」とフルコースの練習をこなしていました。

公園の端で練習を見守るのは、「ひよこ組」さんと「ゆり組」さん。お兄さんお姉さんの演技に見惚れていました。

指導員の蛭田先生は、ひとつひとつの種目が終わるごとに必ず反省会をして、良かったところ、修正が必要なところをはっきりと子どもたちに伝えます。こうして、演技の精度を高めていくわけです。

みんなで創り上げる「パラバルーン」では、「ひとつのクラス、ひとつの仲間」を披露し、「組体操」では服や手足についた砂を払うこともせずに一生懸命に演技に集中する姿があり、そして「クラス対抗リレー」では、気持ちをひとつにして最後まであきらめない心を育んでいます。

蛭田先生の評価も、高くなってきました。限りなく100点に近づいてきています。

どうか、ご家庭でもお子さまたちに勇気づけの言葉かけをしてあげてください。きっと、当日は100点を超えた演技をみせてくれることでしょう。

その日は、もうすぐそこまで来ています。

みんなで、主役のお子さまたちを盛り立ててあげましょうね。

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP