2022.11.17

「小道具」にも、ぜひご注目を!!

きょうは、木曜日。特に行事などもなく、各クラスは思い思いに楽しい時間を過ごしていました。

こちらは、「ひよこ組」さん。「ひよこ組」さんの「サークルタイム」は、いまやすっかりと定着しておりまして、お子さまの中から「やりたい!!」とリクエストが出るくらいになりました。

この「サークルタイム」は、「朝の会」や「お帰りの会」のほか、好きなタイミングで開催できるのがいいところ。お互いにお顔をみながらの「発言タイム」では、「誰かが発言しているときは、しっかりと聞いてあげる」というマナーも身についていきそうです。

園庭あそびでは、お砂場がイイ感じに盛り上がっていました。写真に写っているお子さまたちは、年少さんです。うまい具合に「溝」を掘り、そこに水を流して「お堀」のようにしました。その内側は、「島」です。

この「島」にわたるには、「お堀」を越えなければなりません。これが、お子さまたちにとりましては、なかなかスリリングなようで、「お堀」を飛び越えて行ったり来たり……。

そのうち、「お堀」の中を裸足で散歩するお子さまも出てきて、「うわー、冷たいー、でも気持ちイイー!!」と歓声をあげていました。お子さまたち、みんな元気いっぱいです。

きょう、新たな遊具が届きました。9種類の動物の絵が描かれたマットで、マットの端には人の足のかたちも描かれています。園長先生によりますと、この足のかたちのところにお子さまが立って、どの動物のところまで跳べるかというゲームができるマットなのだそうですが、写真をみるかぎりでは、どうやらようすが異なっています。右手と左手が交差しちゃって、どうにも跳べる状況ではなさそうです。

なぜ、このようなことになっているのかといいますと……。

右手は「ぞうさん」で、左手は「キリンさん」で、右足は「ライオンさん」で……、などとなかなかユニークなゲームをしています。

そのうち、「ほっぺたはパンダさんで……」という新規ルールも採用され、あそび方は無限に広がっていくのでありました。

正課の時間に入りますと、「生活発表会」の練習をするクラスがある一方で、年少さんは「製作」を進めていました。

「りす組」さんは、黄色の紙をはさみで切って、丸いかたちをつくっていました。お子さまたちに「何をつくっているの?」と尋ねましたら、「お月さま」というお返事……。

「いやいや、違うんですよぉ」と、陽先生が笑いながら否定するも、お子さまたちにとりましては、黄色の〇は、やはり「お月さま」を想像させるのでしょう。

はたして、この黄色の〇は、いったいどのような展開をみせるのでしょうか。

「うさぎ組」さんは、粘土で「雪だるま」づくりをしていました。11月も後半に入り、北海道からは「雪」の便りも届いています。

本格的な冬の訪れを前に、一足先に「冬」を演出した「うさぎ組」さんでした。

「くま組」さんでは、「クリスマス」の製作が進行中のようです。飲み物の容器に絵の具をつけて、スタンプみたいにして緑の画用紙に丸い模様をたくさんつけていました。絵の具の種類は、「白」「赤」「ピンク」「青」「黄」の5種類。この中から好きな色を選んで「ペタペタ」していきます。

これも、もしかしたら「雪」をイメージしているのかもしれませんね。次のステップが楽しみです。

年中の「ゆり組」さんは、「衣装合わせ」をしていました。アシスタントの女の子が幸代先生をしっかりとサポート。

年中さんになりますと、こういうお友だちをお手本にして頼もしいスタッフが少しずつ増え、それとともにクラスの「和」もできあがっていきます。こうして、年長さんへの「下地」がつくられていくんですね。

その年長さんでホール練習をしていたのは、「つき組」さん。きょうは、「小道具」を使っての練習でした。年長さんは、生活発表会で「言語劇」を披露するわけですが、ステージに立つお子さまたちを、陰でさりげなく引き立てるのが、こうした「小道具」や「背景」です。

この「小道具」や「背景」は、先生がつくることもありますが、お子さまたちとの共同作業でつくることもあります。

きょうの「ゆき組」さんがそうでした。園庭に「段ボール箱」と「絵の具」を持ってきたのは、絵美先生と「ゆき組」さんのお子さまたち。どうやら、「ゆき組」さんが演じる劇で使う「海の中の岩」をつくるようです。

まずは、みんなで灰色の絵の具を使って、岩のかたちの段ボールに色を塗ります。これでも十分といえば十分なのですが、ここからが絵美先生の真骨頂。本気モードに入ります。

取り出しましたのは、「ラップ」です。この「ラップ」をクチャクチャに丸めて、これで灰色に塗った絵の具の表面を叩きます。

すると……。

なんと、表面に微妙な濃淡ができまして、立体感が出てきたではありませんか。さらに、この「ラップ」に「茶色」や「黄色」「緑」などの絵の具をつけて叩きますと、あら不思議。

「茶色」は岩肌、「黄色」は岩肌の生き物、「緑」は海藻となり、あっという間に見事な「海の中の岩」ができあがりました。

作業開始から終了まで、約20分。「ゆき組」の皆さん、すばらしいお手並みでございました。

このように、「小道具」や「背景」にもいろいろと工夫がされています。ぜひ、生活発表会当日は、これらの作品にもご注目ください。

というわけで、きょうの給食はこちらです。きょうは、木曜日。「スペシャルメニュー」であたたかな「お味噌汁」がつきました。

ミートボールカレー
チキンナゲット
ほうれん草とかにかま和え
みかん缶
お味噌汁 408kcal

ごちそうさまでした。

では、また明日お会いしましょう。

By jimjim

PAGE TOP