2024.02.06

きょうは、「自由登園」とさせていただきました。

きのうの午後から本格的に降りはじめた雪は、夜になっても降り続いて、止んだのは日付が変わる頃でした。横浜でも3㎝の積雪を観測し、街中が何年かぶりに「雪景色」に染まりました。この「雪」の影響で、きょうは「自由登園」とさせていただいたわけですが、その背景について少し触れたいと思います。

きのうの午後、横浜周辺では積雪になる前に首都高速や第三京浜、高速道路で予防的通行止めがはじまりました。きのうは、それがちょうど帰りのバスが運行する時間に重なったんです。jimjimが乗務するバスが、三菱重工ビルの前の交差点にさしかかりますと、通行止めになった首都高速の「みなとみらい出口」から続々と車が出てきて、右折をしたいのですがまったくバスが進みません。仕方なく、遠回りにはなりますが、北仲タワーのほうを迂回して「紅葉坂」に到着しました。

その後、国道1号線や国道16号線沿いを通りますと、すでに車がびっしりで、まったく進んでいません。送迎バスのルートは国道から外れていましたが、それでも影響がなかったわけではなく、最終的には、いつもより30分ほど遅れての運行になってしまいました。

このように、雪が降って周辺を通る高速道路が通行止めになりますと、車が一般道にあふれることとなり、幼稚園の周辺で大渋滞が発生するんです。この雪による大渋滞は解消の目途がなかなか立たないため、幼稚園の送迎バスの運行には致命的な混乱を招きます。そのようなわけで、きょうは送迎バスの運行を見送り、自由登園とさせていただきました。保護者の皆さまには、ご迷惑をおかけしたことと存じます、どうかご容赦いただければと思います。

そんな「自由登園」の朝……。

昨夜の雪は湿っていたこともあって、すでに溶けはじめていましたが、湿っていようが乾いていようが、お子さまたちにとって「雪」は「雪」であることに変わりはありません。いつもの登園時間になりますと、正門には真っ白になった園庭に目を輝かせながら登園するお子さまたちの姿がみられました。

お子さまたちには、「雪」はやっぱり特別な存在です。いつものように、「まっすぐお部屋へ」というわけにはいきません。

きょうは、お部屋に向かう間に「ワンステップ」が増えました。

それは、何かといいますと……。

できるだけ「雪」が溜まっているところに足を踏み入れ、「雪」の感触を確かめること。これ、大切なプロセスですね。お子さまの中では、きょうの一番の「目玉」といっていいかもしれません。

その後も、保育の時間になりますと、当然のように各クラスが園庭に出てきて、「雪」と戯れていました。

ただ、残念なのは雪が湿っていて、すでに溶けはじめていたことと、量が少なかったこと……。

それでも、先生が園庭のあちこちをめぐってはバケツに雪を集めて持ってきてくれて、何とか雪を確保していました。

「ひまわり組」さんは、その集めた雪を使って、小さな「かまくら」を製作中。「アリさんのかまくら」なのだそうです。かわいらしいでしょ。

こんな感じで、各クラス10分くらい雪あそびをしては、クラスに戻っていきました。

「自由登園」ということで、きょうの人数はいつもより少な目。そんなわけで、きょうの年長さんの体操指導は、珍しく「4クラス合同」でおこなわれました。みんな、いつもと違う雰囲気を楽しみながら、和気あいあいです。

跳び箱をよじ登って、一番上からジャンプするのですが、さすがに「8段」は高いのか、女の子はなかなか登れません。

ここをクリアすると、平均台やケンケン跳び、お芋コロコロなどのメニューが用意されていて、「サーキットトレーニング」になっています。

最後は、お楽しみの「ドッジボール」で締めくくりとなりました。

「いちご組」さんは、「はじき絵」に初挑戦。一見してわかりますように、豪快な筆づかいであります。

うーむ、頼もしい……。

我々おとなたちに、「アートとは、こういうものである」と、訴えかけているようにもみえます。

アートといえば、こちらもそうでした。

年少の「うさぎ組」さんは、「雪だるま」をつくり、そこに絵の具で着色を施しています。この色づかいが、なんともすばらしい。

赤、青、黄色、緑の絵の具を「雪だるま」に塗りますと、赤は「いちご」、青は「ブルーハワイ」のようで、それはまるで真夏の「かき氷」です。

そんなことを言いながら、みんなで楽しい「雪だるまづくり」をしていました。

最後は、こちら。「ゆり組」さんです。「ゆり組」さんは、ビニール袋をふくらませて、それにビニールテープを張り、「風船ボール」をつくっていました。

これが意外と丈夫で、強く投げても割れることがありません。

最初は、みんなで投げて遊んでいたのですが、そこに真奈美先生から提案がありました。それは、「みんなで輪になって、同時に上に向かって投げてみよう」というものでした。

さて、その結果はどうなりましたかといいますと……。

こんな感じです。どうです、とてもすてきな「風船ボール」でしょう。

全員が揃ったら、もっとすてきになりますね。

今度は、ぜひ「ゆり組」さん全員でトライしてみてください。

では、また明日お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP