2024.03.12

年長さん、「お別れ会」をしました。

きょうの午後、中学校の卒業式を終えた卒園生が卒業の報告に来てくれました。男の子も女の子も、杉之子に通っていたころの面影はほとんどなく、すっかりお兄さんお姉さんになっていました。

4月からは、高校生。jimjimが高校に入学したときは、3年生なんてすごい大人に思えたものでした。だって、体格も立派で、「ヒゲ」を伸ばしたりしているんですから。きょう来てくれた卒園生も、いよいよその仲間入りです。

高校生といえば、青春のど真ん中。どうか、楽しい高校生活を送っていただけたらと願うばかりです。

さて、きょうの杉之子幼稚園は、明日の卒園式を前に年長さんの「お別れ会」を開きました。会場は、2階のホールです。

お子さまたちは、1階の保育室に集合し、開始時間に合わせて2階のホールへと移動しました。

会場のホールには、ご来園くださった保護者の方々が、「お別れ会」の開始をいまや遅しと待っています。

お子さまたちの入場が終わったところで、年長組の主任による進行のもと、「お別れ会」がはじまりました。

ホールでのメインメニューは、年長の先生たちが一生懸命につくった「スライドショー」です。1年間の幼稚園生活を記録した膨大な数の写真の中から選んだ写真は、あえて解説する必要がないほど、見ているだけでそのときのお子さまたちの思いが心に沁みわたってきます。

そのあとにお子さまたちの歌声が披露され、保護者の皆さまの胸があふれる思いでいっぱいになったところで、会場は各クラスのお部屋へと移りました。

そのお部屋は、クラス役員さんたちのすてきな飾り付けによって、いつもの保育室とは全く異なった空間へと様変わり。

心あたたまる雰囲気の中で、保護者の皆さまも加わりながら、先生とお子さまたちとの最後の触れ合いが交わされました。

それは、1年間を同じクラスで過ごした人たちだけが共有できる世界。その価値の重さこそ、先生とお子さまたちにとっての「宝もの」なのだと思います。

明日は、いよいよ卒園式。会場の準備は整いました。

いつものニコニコ笑顔で登園してきてください。

スタッフ全員でお待ちしております。

by jimjim

PAGE TOP