2024.04.17

年少さん、ご入園の「記念撮影」をしました。

きょうは、ところどころで「にわか雨」が降ったみたいですね。後ほどご紹介しまうように、きょうは年少さんの記念撮影がありまして、お子さまたちは制服登園だったものですから、登園や降園時に雨が降らなかったのは、幸いでした。

幸いだったのは、年長さんや年中さんも同じだったかもしれません。だって、芝生の「築山」であそべるのですから。

きょうは、湿度が高かったためでしょうか、芝生の「築山」の近くにいきますと、独特の芝の香りを楽しむことができました。

この芝の香り、何といいますか、とても気持ちが落ち着くように感じます。

ふかふかの芝生に転がりながらこの香りに包まれたら、いままでの園庭あそびにはなかった経験ができるかもしれません。

お子さまたちは、「あそびの天才」ですから、きっとこの「築山」でもスタッフが考えもしなかった遊びかたを編み出してくれることでしょう。

そんな日は、もうすぐかもしれません。

さて、きょうは冒頭にも少し触れましたように、年少さんのご入園の記念撮影がおこなわれました。撮影会場となるのは、2階のホールです。

きょうの撮影の順番は、「うさぎ組」さん→「くま組」さん→「ひよこ組」さん→「りす組」さんの順番でしたが、ここでは写真が順番どおりになっていませんのでご了承ください。

撮影開始の10時になりましたら、ホールには制服に身を包んだお子さまたちがやってきました。真新しい制服姿が、とても新鮮です。

この4月の記念撮影は、年少さんの「ご入園記念」だけではなく、年中さんと年長さんも「ご進級」の記念撮影をするのですが、特に年少さんの写真撮影は、毎年、さまざまなドラマが待っています。

まず、撮影のために並ぶところからスタートするわけですが、全体の人数や男女比をみながらバランスを考えてお子さまたちに並んでもらいます。

並び方を調整しながら、同時に身だしなみのチェックも進めていきます。あまり長い時間をかけますと、お子さまたちの集中力がエンディングを迎えてしまいますので、時間との勝負でもあります。そのため、お手伝いできるスタッフは全員参加。急ぎつつも丁寧に準備を進めていきます。

こうして、準備が整ったところでいよいよ撮影となるわけですが……。

実は、「本当の勝負はここからはじまる」といってもいいかもしれません。

写真屋さんが、「さあ、こっちをみてね!!」と声をかけますと、まわりのスタッフが「ぬいぐるみ」を出したり、「鈴」を鳴らしたりしてカメラのほうにお子さまたちの注意をひきます。

「よし、撮るよ!!」の声でシャッターを切る写真屋さん。

「よし、いや待った、手が上がった!!」

もう1回。

「よし、いやダメだ、横向いちゃった!!」

もう1回。

「よし、いったぞ、いった!!」

(注)ここで「いった」というのは、「うまく撮影できた」ことを意味しております。

こう書きますと、なかなか大変なように思われるかもしれませんが、撮影現場にはこれを「大変だ」と思っているスタッフは、ひとりもいません。みんな、この撮影を心から楽しんでいます。

だって、こんなにかわいいお子さまたちなんですから。

写真に写るお子さまの表情は、それぞれです。どんな表情であれ、一生のうちでこの場面、この一瞬にみせてくれた表情を、どうか「宝物」にしてあげてください。

というわけで、きょうのママ先生は、こちらの皆さまです。お仕事の関係でお一人のママが写っていませんので、きょうは8人体制でがんばってくれました。ありがとうございました。

明日も、どうぞよろしくお願いいたします。

では、また明日お会いしましょう。

by jimjim

PAGE TOP