2012.01.21

どうぶつむら開催!!

すぎのこ便り
どうぶつむら開催!!(2012年1月21日)

1月18日(水)、子どもたちが楽しみにしている行事のひとつ「どうぶつむら」を開催しました。いつもなら10月に開催するのですが、今年度はスケジュールの関係で1月の開催となりました。

朝8時30分頃、園バスの1便が到着し、子どもたちがいつものように降りてきました。すると、園庭には見慣れないトラックが止まっています。子どもたちが中をのぞくと・・・。

うわーっ!!

トラックの荷台には、牛さんや羊さんがいたので、子どもたちはびっくりです。「はやく触ってみたい!!」、「はやくごはんをあげたい!!」子どもたちの元気な声が飛び交います。

10時過ぎ、ホールでどうぶつむらの人たちのお話を聞いてから、子どもたちが園庭に出てきました。もう、子どもたちは大はしゃぎです。おうちから持ってきたキャベツやニンジン、パンなどをおそるおそるあげる子もいれば、豪快ににわとりさんをつかまえようとする子どももいて、園庭は一気に大盛り上がりです。湧き立つ興味に、子どもたちの瞳はキラキラと輝いています。これこそ、杉之子幼稚園が大切にしている「みて、ふれて、かがやくひとみ」そのものだなぁと思いました。

10月の開催ですとヘビさんが登場し、係りの人が子どもたちの首に巻いてくれるのですが、今回は寒さが厳しい1月の開催とあって、ヘビさんは冬眠のためにお休みでした。うーん、ちょっと残念・・・。でも、かわりに登場してくれた九官鳥の「カンちゃん」が、子どもたちに「こんにちは」と声をかけてくれました。オウムさんは、子どもたちの手拍子にあわせてダンスを披露。右に左にステップを踏んで、子どもたちを楽しませてくれました。ポニーも毎年大人気です。係りの人が子どもたちを一人ずつポニーに乗せてくれて、年長さんはちょっとだけお散歩。みんな、うれしそうな笑顔がすてきでした。

最後は、年長さんの先生がブタさんの抱っこに挑戦!!ブタさんの名前はエリザベスちゃん。まだまだ子どもとはいえ、体重は40kgもあるそうです。そのエリザベスちゃんを年長さんの担任であるS先生は、軽々と(いや、失礼...)抱っこして子どもたちを驚かせました。エリザベスちゃんは、ブヒブヒ言ってましたね。びっくりしたのか、うれしかったのか・・・(謎)。

あっという間に時間が経ってしまいました。子どもたちは、お帰りの時間が近づいたので、お部屋に帰ります。とても楽しかったので、名残惜しそうにしていたのが印象的です。動物さんたち、また秋に会いましょうね。

来園してくれたキャストの皆さん
ポニーさん、牛さん、羊さん、ヤギさん、ワンちゃん、ブタさん(エリザベスちゃん)、ハクビシンさん、ハムスターさん、うさぎさん、九官鳥さん、オウムさん、リスさん、にわとりさん、七面鳥さん
みんなみんな、どうもありがとう!!

ブヒッ!!(また会いましょう!!)
エリザベスちゃん、近すぎです。

by jimjim

PAGE TOP