2016.02.29

年長さん、ソングソングソング

2月27日の土曜日に、藤棚地区センターで毎年恒例の「西区 名達の会」が催され、杉之子幼稚園からは年中のゆり組さんが出演させていただきました。

「名達」とは、名人と達人のことです。「西区には、こんなすごい人がいるんだぞ」と腕に自慢のある方々が集い、それぞれの特技を披露します。杉之子幼稚園の声をかけていただいてから、今年で4回目になるでしょうか。ゆり組さんの3つのグループが、12月の生活発表会で披露したリズムを、もう一度、「名人・達人の技」でご覧いただきました。なかなか「寿司職人」たち、決まっているでしょ。この他にも、ゆり組さんからは、チア-の達人とダンスの達人たちが「技」を披露しました。実行委員の皆様、今年もお声がけをいただき、ありがとうございました。

さて、幼稚園では、「ピアノと歌の達人」である落合先生と村山先生がご来園くださり、年長さんの「ソングソングソング」で音楽指導をしてくれました。

写真は、ゆき組さんです。「じゃあ、1曲目は、この曲をうたってみようか」という村山先生の声かけを合図に、落合先生が間髪をいれずにピアノの伴奏をはじめます。もう、このあたりは「あうんの呼吸」で、みごとな流れです。そして、一度うたったあとで、「今度はこうしてみようか」と、ワンポイントのアドバイスが入ります。

おなかに手をあてながら声を出してうたう子どもたち。

そして次は、口の開け方です。「こうやって口を開けてうたってみようか」と、優しい口調で子どもたちに語りかけます。

村山先生のワンポイントアドバイスの効果は、てきめんです。最初に歌ったときに比べて、回数を重ねるごとに「同じ子が歌っているのか」と思うくらい、どんどん上手になっていくんです。これが、子どもたちの吸収の早さなんですね。きっと、子どもたちの純粋で素直な気持ちが、村山先生のアドバイスをしっかりと受け止めるのだと思います。短い時間の中で築き上げられる、そんな信頼関係がとてもすてきに思えました。

2曲目は、「ありがとう さよなら」です。歌詞の中に「ともだち」という言葉が出てきます。「手をつないで、ともだちのことを思いながらうたってみよう」という村山先生の声かけで、5人ほどのグループが村山先生と一緒に輪になってうたいました。

「そうそう、とても上手だよ」。

村山先生のアドバイスを受けて、子どもたちの感情は、どんどんと歌に込められていきます。

うたをうたいながら、しっかりとつながれた手と手。こちらにまで、ともだち同士のぬくもりが伝わってきそうです。「卒園」という言葉を忘れてしまいたい、そんな思いに駆られました。

子どもたちの歌声って、言葉にならないくらいいいです。なんて表現していいのかわかりません。「いまは、カメラのシャッターを押さずにおこう」。「カシャッ」という小さなシャッター音でさえ、雑音に感じられるのです。

きょう子どもたちがうたった歌は、3曲。そのうちの2曲は、「ありがとうさよなら」と「おもいでのアルバム」です。そして、もう1曲は……。今年、初めて卒園式でうたう歌です。この曲を歌い終わった後、ひとりの子が言いました。「涙がでちゃったよ……」。男の子です。

とても、素晴らしい曲です。どうぞ、楽しみにしていてください。

きょうの給食は、こちらです。

ごはん
豚肉の生姜焼き
高野豆腐
さつまいもの天ぷら
ひじきの煮物 405kcal

ごちそうさまでした。

また、明日!!

by jmjim

PAGE TOP